トム・ハンクスが語る、映画『インフェルノ』での過去作とは違う役作りとは?

『インフェルノ』

ロン・ハワード監督とトム・ハンクス『インフェルノ』

絶賛公開中の『ダ・ヴィンチ・コード』シリーズ第3弾『インフェルノ』。本作で3度目の天才ラングドンを演じてきたハリウッドの名優トム・ハンクスだが、実は過去2作では相当なプレッシャーを感じていた事を明かした。しかし、本作ではでその重圧を克服したトム。その理由とは?

トム・ハンクス「ラングドンを想像しなくなった…」

トム演じるラングドンはハーヴァード大学の宗教象徴学教授で、芸術、歴史、文化など、あらゆる分野の知識を持つ天才だ。監督ロン・ハワードも「行動派でないのにも関わらず、エキサイティングでスリル満点の謎に挑む思考派の男。そんな主人公を大いに気に入っているんだ」と、魅力を語っている。

しかし、監督が人並み外れた“天才”と表現するこのキャラクターを演じるトムは「『ダ・ヴィンチ・コード』を作ったとき僕は彼に恐れをなしていたんだ」と大きなプレッシャーがあったことを明かしている。第1作目である『ダ・ヴィンチ・コード』では、「一人住まいをし、専門家として意見を求められる教授というコンセプトを絶えず体現するのに僕は必死だったよ」と、ただならぬ苦労があったとも語った。

けれども、本作では「僕も監督もラングドンの考え方、彼がするであろうこと、しないであろうこと、そして彼を突き動かすものをちゃんと理解して臨んでいる。僕らが彼を“想像して”作ることはあまりなかった」と、もはや演技ではなく“ラングドンとして”行動したと語る。“ラングドンならばこうする”という行動を確立したことが、これまでのシリーズから唯一変わった点でもあったとコメントした。

さらに、そんなトムに確立されたラングドンは今回あらたに“感情的な一面”も見せていると、監督は明かしている。本作のラングドンは頭にケガを負い、状況を全くつかめない記憶喪失となっている。さらに追い打ちをかけるように、彼は理由も分からぬまま何者かに命をも狙われている。天才的な頭脳も十分に発揮できない“シリーズ最大に追い詰められた”ラングドンに、監督は「これまでにはない弱さがあるからこそ、人間関係のドラマが生まれている」と語る。さらに、「トムにとっては今まで以上に演じ甲斐のあるものだと思う」と、新たな一面には注目だとコメントしている。

誰もが認めるトム・ハンクスのハマり役ラングドン。「ラングドンはとても明確な男。彼が恐れないものもあるし、心底恐れているものもある」というトムの言葉には、記憶喪失ながら果敢に謎に挑む本作の活躍ぶりを期待させる。トムがプレッシャーを跳ね除け確立し、今回は弱さも見せるあらたなラングドンの姿はぜひ劇場で!

>『インフェルノ』の記事をもっと読む


映画『インフェルノ』
大ヒット上映中

監督:ロン・ハワード(『ダ・ヴィンチ・コード』『ビューティフル・マインド』)
原作:ダン・ブラウン(「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」)
製作:ブライアン・グレイザー(『ダ・ヴィンチ・コード』「24」シリーズ)、ダン・ブラウン
脚本:デヴィッド・コープ(『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』『ミッション:インポッシブル』『スパイダーマン』)
出演:トム・ハンクス(『ブリッジ・オブ・スパイ』『ダ・ヴィンチ・コード』)、フェリシティ・ジョーンズ(『博士と彼女のセオリー』)
オマール・シー(『最強のふたり』)、イルファン・カーン(『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227 日』)
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント

天使と悪魔

天使と悪魔

出演者 トム・ハンクス  アイェレット・ゾラー  ユアン・マクレガー  ステラン・スカルスガルド  ピエルフランチェスコ・ファヴィーノ  ニコライ・リー・コス  アーミン・ミューラー=スタール  トゥーレ・リントハート  デヴィッド・パスクエジ  コジモ・ファスコ
監督 ロン・ハワード
製作総指揮 トッド・ハロウェル  ダン・ブラウン
脚本 デビッド・コープ  アキヴァ・ゴールズマン
原作者 ダン・ブラウン
音楽 ハンス・ジマー
概要 「ダ・ヴィンチ・コード」のロン・ハワード監督、トム・ハンクス主演で贈る“ロバート・ラングドン”シリーズ第2弾。カトリック教会の総本山ヴァチカンを舞台に、宗教と科学の対立の歴史が招いた恐るべき陰謀の阻止に奔走する宗教象徴学者ロバート・ラングドンの活躍を描く。ローマ教皇の逝去を受け、教皇選挙(コンクラーベ)が行われようとしていたヴァチカンから助けを求められたラングドン教授。かつてガリレオを中心とした科学者で結成され、ヴァチカンによって根絶されたと思われていた秘密結社イルミナティが、教皇最有力候補4人を拉致し、その処刑を予告してきたのだ。イルミナティにつながる暗号から処刑場所の特定を試みるラングドンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トム・ハンクス

生年月日1956年7月9日(62歳)
星座かに座
出生地

トム・ハンクスの関連作品一覧

ロン・ハワード

生年月日1954年3月1日(64歳)
星座うお座
出生地米・オクラホマ

ロン・ハワードの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST