小松菜奈「主題歌『コミック・ジェネレイション』は大好きな曲」―映画『溺れるナイフ』オリジナルサウンドトラック配信スタート!

(C)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

(C)ジョージ朝倉/講談社 (c)2016「溺れるナイフ」製作委員会

講談社「別冊フレンド」に連載され、洗練された世界観と、リアルな心理描写で熱狂的に愛され続ける少女マンガ「溺れるナイフ」が映画化され明日11月5日(土)に全国公開。

映画公開に先駆け、本日11月4日(金)より「溺れるナイフ」オリジナル・サウンドトラックが配信開始となった。本サウンドトラックには、全41曲のうち36曲を『地獄でなぜ悪い』などの坂本秀一が担当している。さらに志磨遼平のソロプロジェクト、ドレスコーズによる主題歌「コミック・ジェネレイション」の他、豪華ミュージシャンたちが本作の挿入歌として楽曲を提供。大森靖子の「絶対彼女」「ハンドメイドホーム」、おとぎ話の書き下ろし新曲「めぐり逢えたら」など耳に愉しいラインナップ。挿入歌は全てミスiD2015「山戸結希賞」を受賞した堀越千史が担当し、他にもtofubeatsの「水星」もカバー、その透明感溢れる囁くような歌声で映画の世界を盛り上げている。

また、本サウンドトラックを聴いた主演の小松菜奈より絶賛コメントが到着。小松は、「私が演じた“夏芽”の感じた瞬間が、オリジナルサウンドトラックにはつまっていました。ドレスコーズさんの主題歌『コミック・ジェネレイション』はとても大好きな曲です!夏芽があのときずっと追いかけていたもの。衝撃の出会い、キラキラした忘れられない思い出。そして一瞬の熱が、永遠に夏芽の中に残り続けていくのを楽曲を通して感じてもらえると思います!」と大絶賛。

当アルバムの購入者には抽選で映画オリジナルグッズプレゼントなどが当たる特典付きで、音楽ダウンロード・音楽配信サイトmoraにて通常版とハイレゾ版が先行配信中。

【オリジナルサウンドトラック詳細】

「溺れるナイフ」オリジナル・サウンドトラック
レーベル:KING RECORDS
配信元:mora ~WALKMAN®公式ミュージックストア~
配信日:2016年11月4日(金) 現在先行配信中
劇伴楽曲 36曲、挿入歌4曲、主題歌1曲 計41曲


映画『溺れるナイフ』
11月5日(土)TOHOシネマズ渋谷ほか全国ロードショー

小松菜奈、菅田将暉
重岡大毅(ジャニーズWEST)、上白石萌音、志磨遼平(ドレスコーズ)
原作:ジョージ朝倉「溺れるナイフ」(講談社「別フレKC」刊)
主題歌:「コミック・ジェネレイション」ドレスコーズ(キングレコード)
脚本:井土紀州、山戸結希
音楽:坂本秀一
製作:「溺れるナイフ」製作委員会(ギャガ/カルチュア・エンタテインメント)
助成:文化芸術振興費補助金
企画協力・制作プロダクション:松竹撮影所
制作プロダクション:アークエンタテインメント
企画・製作幹事・配給:ギャガ

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST