公開日迫る『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』から特別動画が3本到着!

ファンタビの特別映像3本を見逃すな!

ファンタビの特別映像3本を見逃すな!/(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

11月23日 (水・祝)より公開の「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』(『ファンタビ』)。2週間後に公開が迫る中、この度、特別動画が3本到着! 公開前の予習はこの映像でばっちりだ!

期待値がMAXになること間違いなしの3本立て!

新主人公のおっちょこちょいで人見知りの魔法使いニュート・スキャマンダー(エディ・レッドメイン)は、動物といる方が気が楽な魔法動物(ビースト)学者。エディは「ニュートには奇妙なところがあるけれど、僕はそこが好きだ。彼は子供時代から動物に興味を持ち、追求してきたから、人間よりも動物との関係の方が深いんだ」とニュートと魔法動物の関係について明かす。

到着した[ニュート篇]の映像では魔法動物の二フラーが大好きなキラキラしたものをお腹の中に詰め込みながらもニュートに向ける眼差しから、ニュートが魔法動物にとって特別な存在であることが見て取れる。

二フラーだけでなく、内気な性格の緑色の木の妖精ボウトラックルのピケット、大きな黒い目で銀色の毛に覆われたサルのようなデミガイズ、羽ばたきで嵐を作り出すことができ、危険を感じ取ることもできるサンダーバードをはじめとする大きさや、性質が全く異なる多くのニュートが愛する魔法動物たちの姿を[ビースト篇]では確認することができる。

[アクション篇]で描かれるのは、魔法界と人間界2つの世界を危機から救うためにニュートと仲間になっていく3人。「僕は、どんな人でも、何かに情熱を持っていれば、情熱を向けるものが何であっても、その人を魅力的にしてくれると思っているんだ。キャラクター全員、生きがいが違う。ティナは仕事と道徳的地位に情熱を抱き、ジェイコブは、パン屋に情熱を抱いている。クイニーも含め彼らはアウトサイダーだが、情熱で繋がっているんだ。そういうところが素晴らしいと思う」と新しいシリーズを牽引していく仲間について分析する。

スケールアップする世界観、進化する魔法、予測不能な大冒険。ぜひ、今回の特別映像で壮大な新作への期待をますます膨らませよう!


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
11月23日(水・祝)、全国ロードショー!

監督:デイビッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J.K.ローリング
出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST