『すれ違いのダイアリーズ』、『レジェンド 狂気の美学』ほか【TSUTAYA×Filmarks】イチオシ! この映画が面白い

Filmarks(フィルマークス)で評価が高い洋画作品を、ユーザーのクチコミとともにチェック!!
※Filmarksのユーザー平均点は2016年10月20日時点のものです

Filmarks(フィルマークス)とは“いい映画と出会える”映画クチコミアプリ

日本最大級! 2,000万件以上の映画のクチコミが集まるアプリ。最新作から過去の名作まで、気になる映画のクチコミをチェックして投稿もできる、映画ファンに人気のアプリです。
詳しくはこちら⇒http://filmarks.com

『すれ違いのダイアリーズ』

『すれ違いのダイアリーズ』

一冊の日記を巡る男女の恋をつづったラブストーリー

電気も水道も通らない湖に浮かぶ、田舎の小さな水上小学校に赴任した男性教師が、学校で見つけた一冊の日記の持ち主に思いを寄せる。本国タイで大ヒットした『フェーンチャン ぼくの恋人』のニティワット・タラトーン監督が、実話を基に美しいラブストーリーを作り上げた。会えそうで会えない、二人のすれ違いに何度も胸が締め付けられる。

『すれ違いのダイアリーズ』
『すれ違いのダイアリーズ』

ユーザー平均点(4.1/5)
観客は物語や登場人物、構成、景色、この映画のすべてに恋するに決まっている。今の時代だからこそ、日記によってつながる二人にときめいたり。久しぶりに好きな映画に出会えた気がする。【ユーザー名:kaho】

12.2 RENTAL(TSUTAYA先行レンタル)
'14年・タイ
監督・脚本/ニティワット・タラトーン
出演/スクリット・ウィセートケーオ

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2014 GMM Tai Hub Co., Ltd.

『レジェンド 狂気の美学』

『レジェンド 狂気の美学』

実在した双子ギャングの栄光と破滅

60年代のロンドンで暗躍した双子のギャング、クレイ兄弟の激動の半生を映画化。カリスマ性あふれる兄と精神的に不安定な弟の一人二役に、『マッドマックス 怒りのデス・ロード』などのトム・ハーディが挑み、仕草や声色を変えて熱演した。

『レジェンド 狂気の美学』

ユーザー平均点(3.6/5)
60年代の英国に、トム・ハーディ。合わないわけがない。クールで紳士的なトムと、脳筋ゴリラのトム、彼の魅力をダブルで堪能できるぜい沢な一本!【ユーザー名:Phalaenopsis】

12.2 RENTAL
'15年・英、仏、米
監督・脚本/ブライアン・ヘルゲランド
製作/ティム・ビーヴァン&エリック・フェルナー
出演/トム・ハーディ、エミリー・ブラウニング

⇒作品紹介・レビューを読む

(C)2015 STUDIOCANAL S.A. ALL RIGHTS RESERVED.

『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』

自殺志願の男に訪れた運命的な出会い

第70回アカデミー賞外国語映画賞に輝いた『キャラクター 孤独な人の肖像』のマイク・ファン・ディム監督によるブラックコメディ。自殺願望のある富豪が、自殺をほう助する代理店を訪れ、奇妙な運命をたどるハメになる。

『素敵なサプライズ ブリュッセルの奇妙な代理店』

ユーザー平均点(3.7/5)

12.7 RENTAL
'15年・オランダ、ベルギー、独、アイルランド
監督・製作・脚本/マイク・ファン・ディム
出演/ジョルジナ・フェルバーン

⇒作品紹介・レビューを読む

『最高の花婿』

国際色豊かなフランス人一家が繰り広げるドタバタ劇

3人の娘がアラブ人、ユダヤ人、中国人と結婚したフランス人一家。両親は4女こそカトリック教徒との結婚を願うが、4女はアフリカ系の婚約者を連れて来てしまい、騒動が起こる。家族が文化の違いですれ違うさまがユーモラス。

『最高の花婿』

ユーザー平均点(3.9/5)

NOW RENTAL
'14年・仏
監督・脚本/フィリップ・ドゥ・ショーヴロン
出演/クリスチャン・クラヴィエ、シャンタル・ロビー、アリ・アビタン

⇒作品紹介・レビューを読む

(文:山田紗也子、相田冬二)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST