山村紅葉&橋本マナミのサスペンスと恋愛視点からの『ガール・オン・ザ・トレイン』解説動画がユニークで面白い!

橋本マナミ

『ガール・オン・ザ・トレイン』/(C)Universal Pictures

50ヵ国で累計1500万部の空前のベストセラーとなったミステリー小説『The Girl On The Train』を基に映画化し、全米初登場No1を記録した話題作『ガール・オン・ザ・トレイン』が11月18日(金)より公開。この度、本作の解説を2時間サスペンスの女王”である山村紅葉と“日本国民の愛人”である橋本マナミが担当することが発表!その特別解説映像を解禁となった。

夫と離婚し、傷心の日々をすごす主人公レイチェル(エミリー・ブラント)の唯一の慰めは、通勤電車の窓から “理想の夫婦”の姿をからのぞき見ること。その“理想の妻”メガン(ヘイリー・ベネット)が突如失踪し、さらに事件が起きた間のレイチェルの記憶が失われていた事から展開していくストーリー。複雑に絡み合うリアルな人間関係の描写や、衝撃的なラストが話題となり、世界中で絶賛の声が相次いでいる。

”サスペンスあるある講座”が当てはまりすぎ!

全米で話題のサスペンス作品をさらに深くまで楽しむため、“2時間サスペンスの女王”山村紅葉が本作の注目ポイントを解説する。

「刑事じゃない主人公が勝手に捜査を始める」、「サスペンスに電車のシーンが多く登場する、その理由」、「誰かしらが不倫している」、「怪しい男が登場する」など、人々を夢中にさせるサスペンス要素が満載の本作における“サスペンスあるある”を披露しています。

秘密の恋愛事情編で、自身の経験談も!?

さらに、本作に登場する3人の複雑な恋愛関係における心情を、バラエティや女優としても活躍中の“日本国民の愛人”、橋本マナミが解説!

レイチェルのごとく、他人の秘密をのぞき見た経験や、自身の恋愛経験を基にした本作への共感ポイント、女性ならではの妬みや人間関係、さらには自身の不倫経験(!)まで、余すことなく赤裸々に語っている。

サスペンスの女王と国民的愛人の独自の視点から紐解く『ガール・オン・ザ・トレイン』。映画公開を前に是非チェックして頂きたい映像だ。


『ガール・オン・ザ・トレイン』
11月18日(金) 日本公開

監督:テイト・テイラー『ヘルプ~心がつなぐストーリー~』
脚本:エリン・クレシダ・ウィルソン『クロエ』
出演:エミリー・ブラント、レベッカ・ファーガソン、ヘイリー・ベネット、ジャスティン・セロー、ルーク・エヴァンス
原作:ポーラ・ホーキンズ著「ガール・オン・ザ・トレイン」(講談社文庫刊)
配給:東宝東和 (C)Universal Pictures

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST