【レビュー】映画『聖の青春』―将棋に命を懸けた男の、儚く、そして美しい青春。

(c)2016「聖の青春」製作委員会

(c)2016「聖の青春」製作委員会

あの羽生善治に立ちはだかった怪童の物語

ソフトの不正使用問題で話題が持ちきりの将棋界だが、村山聖という棋士を知っているだろうか? 幼少期から難病を抱えながらも、将棋の世界に青春を捧げた村山は、「西の怪童」の異名を取り、「東の天才」と称されたあの羽生善治とライバル関係にあったほどの棋士だ。そんな村山の一生を、『宇宙兄弟』などで知られる森義隆監督が、松山ケンイチを主演に迎えて描いた映画『聖の青春』は、この冬に必見の感動作である。

主人公の村山聖は、幼少の頃に患ったネフローゼ(血液中のタンパクの減少や浮腫みを起こす腎臓病)を抱えながらも将棋にのめりこみ、めきめきと力をつけていく。そして、プロの登竜門である奨励会での競争を突破した村山は、その後も腕を磨き、同世代をけん引する羽生善治と、ほぼ同等の棋力を有す実力者となった。目標とする将棋界の最高位・名人まで、あと一歩と迫る村山だったが、ある日、彼は自分が膀胱癌に侵されていることを知る…。

一般的に言って、将棋には敷居が高いというイメージを抱く人が多いと思う。その格調高い雰囲気といい、一朝一夕では覚えることが難しいルールといい、将棋は確かにある意味で、崇高で近寄りがたい、神聖な空気を放っている。しかし、その世界の中で生きる棋士たちは、実に人間臭く、心惹かれる人物が多い。本作で描かれる村山は、その象徴ともいえる存在だ。

村山を演じたのは、若手俳優でも随一の演技力を誇る松山ケンイチ。実際の村山と松山は、お世辞にも似ているとは言えないのだが、良い俳優が魅力的な人物を本気で演じると、その人物に見えてくるものである。実際に松山は、村山聖になってみせた。将棋盤に向かう際の鬼気迫る表情、少女漫画を読んで浮かべる笑顔、先輩や後輩たちに見せる愛嬌たっぷりの振る舞い、体調の悪化に伴う癇癪の爆発…。幼い頃からベッドの上で毎日を過ごし、「普通の日々」を送ることができなかった村山は、実にストレートに感情を表現する人間だったという。本作の原作となった、大崎善生による同名小説で事細かに描かれている村山の実像を、松山は極めてリアルに体現している。

原作では、そんな村山と、彼の師匠である森信雄の師弟関係を描くことに比重が置かれていた。純粋で優しい心を持つ二人は、師弟を超えて、もはや親子、それも動物の親子のような関係を築いていた。純粋な愛情を互いに注いだ二人が共に過ごした日々は、読んでいるだけで涙がこぼれそうになるものだ。弟子入り後の奨励会への入会を却下された一件、自転車を練習したエピソード、森が嫌がる村山を床屋に連れて行った話など、師弟の逸話はそのどれもが可愛らしく、必読の内容である。しかし残念なことに、本作の劇中で描かれている物語は、村山と森の師弟関係に落ち着きが見られた後のエピソードがメインになっているため、本作では二人の関係性は原作ほど深く描かれていない。

ただ、森を演じたリリー・フランキーの役に対する親和性には驚かされた。柔和なおじさん役がもはや鉄板と言えるリリーだが、森というキャラクターは俳優としてのリリーのキャリアにおいても、稀に見るほどハマっている。口癖の「冴えんなあ」を筆頭に、赤ちゃんのまま体が大きくなったような青年を慈しみ、言葉少なに笑顔を浮かべながら支える中年男の姿は、原作で語られていた森の姿にピタリと重なるもので、師弟間の深く温かな愛を確かに感じさせる。

 

(c)2016「聖の青春」製作委員会

この、森と村山の師弟関係の代わりにフォーカスされているのが、村山と羽生のライバル関係である。将棋に疎い人でも、羽生という名前、そして「羽生さん」という愛称を聞いたことはあるのではないかと思う。村山がネフローゼに苦しみながら名人への階段を上る一方で、前人未到の7冠を達成していた羽生は、その洗練されたルックスと飄々とした言動で、将棋という文化に対するお堅いイメージを壊し、一般化した人物だった。そんな将棋の大家を演じたのが、東出昌大だというのだから驚きである。

というのも、羽生の伸長は170センチほどであるにもかかわらず、演じた東出は190センチ近い超長身なのだ。キャスティングが発表されたときは、似せようにも似ないだろうと首をかしげたものだが、自ら羽生役を望んだという東出の演技に対する並々ならぬ思いは、彼を羽生たらしめるものだった。ビジュアルはかけ離れているものの、羽生本人から譲り受けた眼鏡越しに見える、対局中の何とも言えない苦悶の表情は、羽生本人が見せてきたそれに近いものに仕上がっている。

この二人のライバル関係を描く上では、いくつかの大胆な脚色が施されている。特定の人物の伝記映画を作る上で重要になるのは、真実と作劇のバランスを取ることだ。大崎による秀逸な原作を脚本化した向井康介は、実際にあった出来事を時系列を組み替えて描くことで、この課題をクリアしてみせた。飾らない言葉で表現される、村山の羽生に対する純粋な憧憬。そして羽生の村山に対する尊敬の念。劇中で織りなされる怪童と天才の心の交流は、降りしきる雪のように美しく、そして儚げで、見る者の心を掴んで離さない魅力がある。

村山と羽生のライバル関係に加えて、将棋会における生存競争についても深いドラマが描かれている。将棋でプロを目指す上では、年齢制限が常に付きまとう。奨励会では、21歳までに初段を取らなければならない。これを乗り越えると、26歳までに四段という新たなリミットが設けられる。これらの関門を突破してプロを名乗ることができるのは、ほんの一握りの棋士だけだ。そして、プロになったとしても、A級を頂点とするヒエラルキーにおいては、常に生存競争が繰り広げられ、負けが込めば降格してしまう。しかも、名人に挑戦できるのは、A級だけだ。本作の劇中では、江川貢(染谷翔太)や橘正一郎(安田顕)ら魅力的な棋士が、この棋界の波に飲み込まれていく姿が実に切なく描かれている。

終盤、物語には悲しい色が広がっていく。ネフローゼを抱えながら名人という二文字を目指した村山の棋道は、実に悲しい形で幕を閉じることとなるのだ。しかし、その終幕に対しては、涙を流すよりも、「お疲れさん。よく頑張ったね」と声をかけたくなる観客が多いことだろう。松山が演じきった村山という男の姿には、そう労いたくなるような温かみがあるのだ。

命を懸けると言葉にするのは簡単だが、行動に移すのは実に難しい。実際のところ、命を削るほど何かに打ち込んだことがある人は、そう多くないだろう。しかし、村山は難病と闘いながら、精神と肉体をすべて将棋に注ぎ、死すまで名人という頂点を目指し続け、将棋界における殉教者となった。その姿は、見る者に命を懸けることの厳しさと、夢を諦めないことの尊さを力強く伝えてくれる。主演の松山をはじめ、魅力あふれる棋士たちを熱演したキャスト陣、巧みな脚色で映画化の意味を確立した向井、そしてすべてをまとめ上げた森監督、そして波乱万丈の人生を歩んだ村山聖という男には、心からの敬意を表したい。

(文:岸豊)


映画『聖の青春』
11月19日(土)丸の内ピカデリー・新宿ピカデリー他全国公開

監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち
脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『陽だまりの彼女
出演:松山ケンイチ、東出昌大、染谷将太、安田顕、柄本時生、北見敏之、筒井道隆/竹下景子/リリー・フランキー
原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)
配給:KADOKAWA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松山ケンイチ

生年月日1985年3月5日(33歳)
星座うお座
出生地青森県むつ市

松山ケンイチの関連作品一覧

東出昌大

生年月日1988年2月1日(30歳)
星座みずがめ座
出生地埼玉県

東出昌大の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST