“海賊”岡田、園長を務めるひらパーに主演映画引っさげ凱旋!サプライズ登場でファン1000人が歓喜!

2013年本屋大賞を受賞し、現在までに上下巻累計発行部数420万部を突破している「海賊とよばれた男」(百田尚樹著/講談社刊)。主人公・国岡鐡造が、明治・大正・昭和の激動の時代を舞台に、名もなき一青年から身を興し、やがて戦後の日本に大きな勇気と希望を与える大事業を成し遂げていく姿を描いた一大抒情詩は、老若男女問わず幅広い人気を博すベストセラーとなり、今回発表から4年の時を経て、ついに実写映画化される。

今回、主人公・国岡鐡造役を演じた岡田准一が自身の出身地である大阪キャンペーンに山崎貴監督とともに参加。岡田が園長を務める大阪府・枚方市の遊園地「ひらかたパーク」でのイベントに、サプライズ登場し、集まったファン1,000人を歓喜の渦に巻き込んだ。さらに2人は、映画館(TOHOシネマズ梅田)での舞台挨拶も実施。地元への想い、また映画を地元に届けられた喜びについて語った。

園長でありながら、この3年間の活動中にひらパーファンの前に現れる事はできずにいた岡田。今回ひらかたパークで『3大サプライズ発表会』を開催するということで、感謝の意を込め、山崎監督とともにイベントにサプライズ登場した。何も知らされてなかった会場からは割れんばかりの悲鳴混じりの大歓声が巻き起こり、岡田も笑顔で応えました。地元ということもあり、「地元の人とこうやって触れ合えることはとても幸せです!」とハイテンションな岡田に会場も大盛り上がり。

岡田は登場すると、「ひらかたパーク園長、超(スーパー)ひらパー兄さんでおま!!子どもの頃、ヒーローショーを観に来ていたので、そんな憧れのステージに“ひらパー兄さん”として今、立てていることは幸せです。」喜びをコメント。映画の見どころについて聞かれると、「激動の時代を生き抜いた男たちの熱いドラマで、原作も素晴らしいのですが、さらにそれを、“ひらパー兄さんが連れてきた男”こと、山崎監督がVFXで仕上げてくださているので、子どもたちも是非、お父さんお母さんと家族で観に来ていただければ嬉しいなと思います。人間としての魅力が詰まっている映画となっております」と語った。

そして最後に、「ひらパーで『海賊とよばれた男』とのコラボを楽しんでいただいた後は、是非劇場で映画を見ていただきたいです。日本中で一番映画を観たのは、枚方となるようにお願いします!」とコメントし、映画をPRした。


映画『海賊とよばれた男』
12月10日(土)公開

出演:岡田准一
吉岡秀隆 染谷将太 鈴木亮平 野間口徹 ピエール瀧
綾瀬はるか 堤真一 近藤正臣(特別出演)/國村隼 小林薫
監督・脚本・VFX:山崎 貴
原作:百田尚樹「海賊とよばれた男(上下)」(講談社文庫)
音楽:佐藤直紀 配給:東宝
製作:「海賊とよばれた男」製作委員会
企画製作幹事:日本テレビ放送網
制作プロダクション:ROBOT
制作協力:阿部秀司事務所

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

岡田准一

生年月日1980年11月18日(37歳)
星座さそり座
出生地大阪府

岡田准一の関連作品一覧

ピエール瀧

生年月日1967年4月8日(51歳)
星座おひつじ座
出生地静岡県

ピエール瀧の関連作品一覧

吉岡秀隆

生年月日1970年8月12日(48歳)
星座しし座
出生地埼玉県

吉岡秀隆の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST