ランキング1位!「ハリポタ」最新作『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が最速動員100万人突破で絶好スタート!

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』/(C)2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

「ハリー・ポッター」の新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日から全国966スクリーンで公開!洋画実写映画としては最速で動員100万人突破、さらに初週映画ランキング1位を獲得!かねてからの期待値を証明する結果となった。

わずか5日で累計興行収入17億!

20~30代の女性客を中心に、中高生男女やシニア層など、老若男女幅広い層も来場した公開初週。わずか5日間で早くも動員100万人を突破し、累計興行収入17億2432万9600円、累計動員119万450人を記録。本年度に公開した洋画実写作品でナンバーワンの絶好スタートを切った。洋画邦画あわせても、『暗殺教室~卒業編~』と並んで、本年度実写映画最速の数字となる。

また、土日の映画興行ランキングでも11月26、27日の2日間で54万6138人、興行収入8億2286万2100円となり、2位以降に大きな差をつけての初登場第1位(※興行通信社調べ)となった。また世界規模では、累計興行収入は500億円を突破し、“ファンタビ”現象が世界中に巻き起こっている。

さらに、映画サイトやツイッターではさっそく映画を観た感想が多数書き込まれた。「ニュートがとてもチャーミングで素敵」「今年ナンバーワンの面白さ!」「魔法動物、かわいかった。」「泣いてしまった…。」「あと2回は観る!」「家族で見た。素敵だった…」など、絶賛ツイートが多数。YAHOOの映画レビューでは、2,000件を超えるレビューが書きこまれ、4.26点(5点満点)という高得点をマークしているほか、Filmarksのレビューでも4.1点と名目通りの高評価となっている。

>『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』についての記事をもっと読む


映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』
大ヒット上映中

監督:デヴィッド・イェーツ『ハリー・ポッター』シリーズ後半4作品
プロデューサー:デイビッド・ヘイマン『ハリー・ポッター』全8作品、J・K・ローリング
出演:エディ・レッドメイン『レ・ミゼラブル』、キャサリン・ウォーターストン、アリソン・スドル、ダン・フォグラー、コリン・ファレル

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST