『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』公開記念-心に響く“歌映画”3選

『マダム・フローレンス!』

『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』公開記念!/(C)2016 Pathé Productions Limited. All Rights Reserved

メリル・ストリープ×ヒュー・グラントの豪華共演で映画化した『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』が12月1日(木)より絶賛公開中! 実在した世界一音痴で有名な歌姫フローレンス・フォスター・ジェンキンスを描いた笑いと感動の物語だ。

フローレンス演じる、歌ウマ女優として知られるメリル・ストリープ。劇中では見事な音痴っぷりを披露! 下手だけれど、自分が好きなものに対してまっすぐに突き進むピュアで一途な姿勢は、誰もが好きにならずにはいられない情熱的な歌声となって観客の心に響くこと間違いなし。メリルはフローレンスの魅力を「彼女の歌の滑稽なところは、彼女が常に音を外して歌っていたところで、素晴らしいところは、私たち誰もが共感できるところ。それは、挑戦して、頑張り続けるんだけど、失敗して、うまくいかなくて、でもその頑張りこそが素晴らしいんだってことよ」と語っている。

今回は、そんな本作の公開を記念して心に響く“歌映画”をご紹介! 『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』と併せて是非お楽しみあれ!

淡い気持ちを、80年代ブリティッシュサウンドに乗せて。

『シング・ストリート 未来へのうた』(16)

口コミで大ヒットとなった『ONCE ダブリンの街角で』、そして『はじまりのうた』を監督したジョン・カーニーの半自伝的作品。ある日街でみかけた少女ラフィナに心奪われ、自分のバンドのPVに出演しないかと誘う14歳の少年コナー。しかし、自分のバンドなどなかったコナーは、音楽好きの兄の助言を受けながら、友人をかき集めバンドを組むことになります。果たして、コナーは初恋を成就させることができるのか?

ティーンエイジャーならではの青い恋心とストーレートで胸を打つ想いが、80年代ブリティッシュサウンドに乗せられ描かれる今作。喜びや悲しみなど、その時々に感じた気持ちを音楽を通して素直に表現していく姿は青春そのもので、見終わったあとは恋をしたくなること間違いなし!

⇒作品紹介・レビューを見る

イーストウッドが描く“歌映画”

ジャージー・ボーイズ(16)

ジャージー・ボーイズ

好評レンタル&発売中

巨匠クリント・イーストウッドが、1960年代に世界的人気を誇ったアメリカのポップスグループ「ザ・フォー・シーズンズ」の栄光と転落の物語を描いた人気ブロードウェイミュージカルを映画化。

ニュージャージー州の貧しい町で生まれ育った4人の青年たちは、天性の歌声と曲作りの才能を活かし「ザ・フォー・シーズンズ」というバンドを結成。またたくまに人気グループへと昇り詰めていく…。しかし、その背後では様々な問題も現れ始め…。夢を追いかけた先に待ち受ける、栄光と挫折の狭間で彼らがみたものとは?

「シェリー」「君の瞳に恋してる」などの名曲に隠された真実を知ったとき、心震えること間違いなし!

⇒作品紹介・レビューを見る

メリル・ストリープが歌い上げる爽快感!

マンマ・ミーア!

マンマ・ミーア!

好評レンタル&発売中

世界的ポップ音楽グループ「ABBA」の楽曲をもとに作られたブロードウェイミュージカルを映画化。

エーゲ海に浮かぶギリシャの小島を舞台に、シングルマザーの母ドナ(メリル・ストリープ)とその娘ソフィ(アマンダ・セイフライド)の結婚式前夜からの24時間が描かれる今作。ソフィの夢は父親とバージンロードを歩くこと。結婚式を控え、父親探しをすることに決めたソフィは、母親の昔の日記を手掛かりに、父親の可能性のある昔の恋人3人に招待状を出しますが、そろいも揃ってその3人が到着…! 果たしてソフィの父親は誰なのか!? 

メリル・ストリープやアマンダ・セイフライドなどの俳優陣が、ABBAの名曲を伸び伸びと軽快に歌い上げる姿は爽快の一言で日本でも大ヒット!観終わったあと、元気で明るい気持ちになれること間違いなし!

⇒作品紹介・レビューを見る

映像だけでなく音楽によって心が動かされるのも映画の素晴らしいポイントのひとつ。寒さの厳しい今年の冬には、笑えて心温まる歌映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』をぜひ劇場でおご堪能あれ! 

>関連記事「ニューヨークの街並みをイギリスで撮影!?『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』監督のこだわりとは?」


映画『マダム・フローレンス! 夢見るふたり』
公開中

監督:スティーヴン・フリアーズ『クィーン』『あなたを抱きしめる日まで』
出演:メリル・ストリープ『マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙』、ヒュー・グラント『ラブ・アクチュアリー』、サイモン・ヘルバーグ
原題:FLORENCE FOSTER JENKINS
配給:ギャガ

シング・ストリート 未来へのうた

シング・ストリート 未来へのうた

出演者 フェルディア・ウォルシュ=ピーロ  ルーシー・ボーイントン  マリア・ドイル・ケネディ  アイダン・ギレン  ジャック・レイナー  ケリー・ソーントン  ベン・キャロラン  マーク・マッケンナ  ドン・ウィチャリー
監督 ジョン・カーニー
製作総指揮 ケヴィン・フレイクス  ラジ・シン  ボブ・ウェインスタイン  ハーヴェイ・ウェインスタイン
脚本 ジョン・カーニー
概要 「はじまりのうた」のジョン・カーニー監督が、自身の少年時代の体験をベースに撮り上げた音楽青春映画。80年代のアイルランドを舞台に、愛しの彼女を振り向かせようとバンドを組んだ14歳の少年が織りなす恋と友情の青春模様を、80年代ヒット曲の数々とともに描き出す。1985年、大不況にあえぐアイルランドの首都ダブリン。父親の失業で荒れた公立学校への転校を余儀なくされた14歳のコナー。両親はケンカが絶えず、学校でもさっそくイジメの標的に。そんな彼にとって、音楽オタクの兄ブレンダンの解説を聞きながらミュージックビデオ番組を観るのが唯一の楽しみ。ある日、自称モデルの美女ラフィーナと出会い、一目惚れした彼は、彼女を振り向かせるため即席のバンドを結成して猛練習を開始するが…。

 作品詳細・レビューを見る 

ジャージー・ボーイズ

ジャージー・ボーイズ

出演者 ジョン・ロイド・ヤング  エリック・バーゲン  マイケル・ロメンダ  ヴィンセント・ピアッツァ  クリストファー・ウォーケン  マイク・ドイル  レネー・マリーノ  エリカ・ピッチニーニ  キャスリン・ナルドゥッチ  ルー・ヴォルペ
監督 クリント・イーストウッド
製作総指揮 フランキー・ヴァリ  ボブ・ゴーディオ  ティム・ムーア  ティム・ヘディントン  ジェームズ・パッカー  ブレット・ラトナー
脚本 マーシャル・ブリックマン  リック・エリス
概要 トニー賞受賞の同名大ヒット・ブロードウェイ・ミュージカルを巨匠クリント・イーストウッド監督で映画化。60年代から70年代を中心に活躍したニュージャージー出身の4人組ヴォーカル・グループ、フォー・シーズンズの栄光と挫折の物語を、『シェリー』『君の瞳に恋してる』はじめ彼らのヒット・ナンバーの数々とともに綴る。ニュージャージー州の貧困と犯罪の街ベルヴィル。1951年、不良のバンドマン、トミーは、美しいファルセットを響かせる少年フランキーを自分のバンドに迎え入れる。フランキーの歌声は地元マフィアのボス、ジップ・デカルロも魅了し、サポートを約束する。最初は鳴かず飛ばずの彼らだったが、才能豊かなソングライター、ボブ・ゴーディオの加入を機に、瞬く間にスターの階段を駆け上がっていく。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

メリル・ストリープ

生年月日1949年6月22日(69歳)
星座ふたご座
出生地

メリル・ストリープの関連作品一覧

ヒュー・グラント

生年月日1960年9月9日(57歳)
星座おとめ座
出生地英・ロンドン

ヒュー・グラントの関連作品一覧

クリント・イーストウッド

生年月日1930年5月31日(88歳)
星座ふたご座
出生地米・カリフォルニア・サンフランシスコ

クリント・イーストウッドの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST