長澤まさみ、松田龍平が初共演で夫婦役!映画『散歩する侵略者』来年9月16日に公開

『散歩する侵略者』

『散歩する侵略者』/(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

劇作家・前川知大率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」。この度『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞した黒沢清監督によって映画化が実現、2017年9月16日(土)の公開が決定した。さらに、長澤まさみ松田龍平長谷川博己ほか、日本映画界の“今”を象徴するオールスターキャストの出演も発表された!

行方不明から、帰ってきた夫の様子が…

本作は、数日間の行方不明の後、不仲だった夫・加瀬真治がまるで別人のようになって帰ってきた。急に穏やかで優しくなった夫に戸惑う加瀬鳴海。夫は毎日散歩に出かけて行く。同じ頃、町では一家惨殺事件が発生し、奇妙な現象が頻発する。ジャーナリストの桜井は取材中に一人、ある事実に気づく。やがて町は急速に不穏な世界へと姿を変え、事態は思わぬ方向へと動く…。

主人公・加瀬鳴海を演じるのは、NHK大河ドラマ「真田丸」や映画『アイアムアヒーロー』、『君の名は。』への声の出演などで活躍を続ける長澤まさみ。長澤は、脚本を読んで本作出演を熱望。突然、別人のようになって帰ってきた夫に「地球を侵略しに来た」と告白され翻弄される妻という難役と格闘しながら、女性が憧れる強い女性像を熱演している。

そして、鳴海の夫・加瀬真治役に独特な雰囲気と演技力で映画ファンを魅了し続ける松田龍平。「侵略者に体を乗っ取られた男」という前代未聞の役柄に「彼以外には考えられなかった」という黒沢監督や製作陣からの熱烈なオファーに応えた。絶妙なリアリティをもってキャラクターを演じ、作品に大きな説得力を与える姿に注目だ。

そして、町で発生する一家惨殺事件を追ううちに「侵略者」と行動をともにすることになるジャーナリスト・桜井役には大ヒット作『シン・ゴジラ』でも話題を呼んだ長谷川博己。クールさと熱さを併せ持つ人間臭いアウトローなジャーナリストという真逆の役どころで、新たな魅力を体現している。

「映画らしい」大胆なアイディアに感銘を受けた黒沢清監督が長年の構想期間を経て、遂に映画化が実現した本作。黒沢清監督が心機一転、ずっと仕事をしたかった人たちをキャスティングしたいという思いから熱烈なオファーで実現した豪華初共演。そして、まだ未発表ながら、このほか主役級の豪華俳優陣が多数出演する予定とのこと…。日本映画界を代表するオールスターキャストの競演にますます目が離せない。

原作 前川知大(まえかわ・ともひろ)プロフィール

劇作家・演出家。1974年生まれ、新潟県柏崎市出身。

活動の拠点とする「イキウメ」を主宰し、「散歩する侵略者」「太陽」「関数ドミノ」「片鱗」「図書館的人生」などのSFやホラー作品を発表する。現実と地続きの不安を演劇表現に変換する、その批評的な作品は評価が高く、芸術選奨新人賞、読売演劇大賞、読売文学賞 戯曲・シナリオ賞、紀伊國屋演劇賞、鶴屋南北戯曲賞などを受賞。

そのほか、四代目市川猿之助によるスーパー歌舞伎II「空ヲ刻ム者」の作・演出、「太陽2068」(蜷川幸雄 演出)、「暗いところからやってくる」(小川絵梨子 演出)の脚本など。2016年には、映画『太陽』の原作と脚本(入江悠監督と共同)を手がける。


映画『散歩する侵略者』
2017年9月16日(土) 公開

監督:黒沢 清
原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢 清
出演:長澤まさみ 松田龍平 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹、日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

長澤まさみ

生年月日1987年6月3日(31歳)
星座ふたご座
出生地静岡県

長澤まさみの関連作品一覧

松田龍平

生年月日1983年5月9日(35歳)
星座おうし座
出生地東京都

松田龍平の関連作品一覧

長谷川博己

生年月日1977年3月7日(41歳)
星座うお座
出生地東京都

長谷川博己の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST