「スター・ウォーズ」シリーズ『ローグ・ワン』ギャレス監督がサプライズゲストの存在を語る!-アジア最速来日記者会見レポ

ストームトルーパーに挟まれるディエゴ・ルナ、フェリシティ・ジョーンズ、ギャレス・エドワーズ監督

ストームトルーパーに挟まれるディエゴ・ルナ、フェリシティ・ジョーンズ、ギャレス・エドワーズ監督

12月7日(水)、東京・六本木のザ・リッツ・カールトン東京にて映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(12月16日公開)の来日記者会見が開催された。海外メディアも多数詰めける中、イベントには主演を務めたフェリシティ・ジョーンズをはじめ、ディエゴ・ルナギャレス・エドワーズ監督が登壇! アジア圏では最速となる記者会見で監督がダース・ベイダーに次ぐサプライズゲストの出演を発表した!?

本作は『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』の直前までが描かれるアナザー・ストーリーだ。反乱軍の寄せ集め極秘チーム<ローグ・ワン>が、全銀河を脅かす究極兵器デス・スターの設計図を奪うという97.6%生還不可能なミッションに挑む姿が描かれる。

  • フェリシティ・ジョーンズ
    フェリシティ・ジョーンズ
  • ディエゴ・ルナ
    ディエゴ・ルナ
  • ギャレス・エドワーズ監督
    ギャレス・エドワーズ監督
  • フェリシティ・ジョーンズ
  • ディエゴ・ルナ
  • ギャレス・エドワーズ監督

『ローグ・ワン』は黒澤作品!?

アメリカのワールドプレミアにさきがけ来日した3人。今回の来日について自身4回目の来日となるたギャレス監督は「『スター・ウォーズ』シリーズは日本に大きな影響を受けているんだ、だから家に戻ってきたような気分だよ」とコメント。フェリシティ・ジョーンズは、10年前にプライベートで来日したことを思い出して「コンニチハ!前回来たことを思い返しました。日本に来るのは特別な気持ちです」と話す。ディエゴは「ファンのみんなの愛と情熱を感じています!みなさんとこの作品を共有できることを嬉しく思います!」とコメントした。

今回、来日した記念に3人に本作をテーマに、桜を取り入れた日本らしい『ローグ・ワン』の襖絵が紹介された! 3人は興奮した様子を見せ、ギャレス監督は「これは撮影中に欲しかったよ…」とコメント。フェリィシティも「『ローグ・ワン』の続編は日本で撮らないといけないね。桜も撮影いできるから」と和製『ローグ・ワン』の世界観が気に入ったようだ。

  • 柏原晋平氏による『ローグ・ワン』の襖(ふすま)絵
    柏原晋平氏による『ローグ・ワン』の襖(ふすま)絵
  • 右はローグ・ワンのメンバー
    右はローグ・ワンのメンバー
  • 左は帝国軍
    左は帝国軍
  • 襖絵の作者、柏原晋平氏
    襖絵の作者、柏原晋平氏
  • 柏原晋平氏による『ローグ・ワン』の襖(ふすま)絵
  • 右はローグ・ワンのメンバー
  • 左は帝国軍
  • 襖絵の作者、柏原晋平氏

そんな、日本と本作の関係性についてギャレス監督は「ジョージ・ルーカスも黒澤明監督の『隠し砦の三悪人』などの作品に強い影響を受けている。本作でも『七人の侍』など黒澤作品のスチールを各部門の担当者に見せながら撮影を進めました。黒澤映画を彷彿させるような映画にしたかったです」と、日本が誇る巨匠・黒澤明からの強いインスパイアがあったことを明かした。

本作で、主人公の主人公ジン・アーソを演じたフェリシティは、今回の出演について「役者として大変な喜びでした。ぜひやってみたいとオフォーを受けました」と出演当時の想いを振り返った。また自身のキャラクターについて「帝国軍に対して強い憎悪を持ったキャラクターで、それが彼女の明確な原動力となってる。監督もジンの女性のキャラクターをあるがままに受け入れている。通常、超大作映画の女性キャラクターは、最初は女性らしく描かれていて、突然アクションを見せたりするが、ジンは映画の冒頭から男性キャラクターと同等に描かれていることが魅力です」と、一匹狼でアウトローなジンのキャラクターのユニークなポイントを語った。

  • ギャレス・エドワーズ監督
    ギャレス・エドワーズ監督
  • ディエゴ・ルナ
    ディエゴ・ルナ
  • フェリシティ・ジョーンズ
    フェリシティ・ジョーンズ
  • ギャレス・エドワーズ監督
  • ディエゴ・ルナ
  • フェリシティ・ジョーンズ

ジンとともに行動を共にする、情報将校のキャシアン・アンド―を演じたディエゴは「キャシーは真のヒーローだ。献身的で、チームワークの強さを理解している。ジンとの関係性を作る中でも、違いにこだわるのではなく、一つになることの大切さを理解していることが素晴らしい。夢を実現するためにも、ほかの人の強みを発見することができるキャラクターなんだ。僕も見習いたい」と、キャシーの魅力を語った。

監督「ダース・ベイダーに殺されるかと思った…」

また、本作で出演が話題を呼んでいるダース・ベイダーについて、ギャレス監督は「ダース・ベイダーを演出することは、夢のようなことでした。現場は普段騒がしいんだけど、ある時とっても静かになったんだ、スタッフみんなしゃべれなくなってしまった…。撮影中、ダースベイダーの役者が衣装を着ていると怖くて何も言えない、フォースで殺されるかも知れないからね(笑)だから、なるべくリハーサル中は衣装を脱いで素顔でやってもらったんだ」と撮影の裏側を明かした。また「ダース・ベイダー以外にもサプライズゲストが出演しているから楽しみにしていてね!」とシリーズでも馴染のあるキャラクターが登場することも発表した。

イベント最後にはストームトルーパーと仲よく記念撮影。ディエゴは「この国のストームトルーパーは礼儀正しくて素晴らしいですね(笑)」と、日本に現れた帝国軍も気に入った様子を見せた。

トルーパーの出現に驚くディエゴ

トルーパーの出現に驚くディエゴ

  • 襖絵の★に色を塗る来日ゲスト3人
  • フェリシティ・ジョーンズ演じるジンの下に彼女がサインを
  • ジンの右側、ディエゴ・ルナ演じるキャシアンの右に彼がサイン
  • フェリシティ・ジョーンズ
  • ディエゴ・ルナとフェリシティ・ジョーンズ
  • フェリシティ・ジョーンズ

映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)全国ロードショー

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST