『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』全章の魅力を語りつくす!河本啓佑&柿本監督登壇イベントレポート

イベントに登壇した河本啓佑(右)と柿本監督(左)

イベントに登壇した河本啓佑(右)と柿本監督(左)

月刊マンガ誌、週刊マンガ誌、新聞等16媒体で連載され、テレビアニメシリーズ3作、劇場版アニメ4作、OVAなどで映像作品が制作、海外でもテレビアニメシリーズ放映やコミック出版がなされている『サイボーグ009』が、完全オリジナルストーリーのフル3DCGアニメーションの新作で登場。新たな最強の敵に挑むゼロゼロナンバーサイボーグ達は世界を守れるのか…。本作は11月25日(金)より全3章完結、各章2週間限定で劇場公開中。

12月3日(土)にHMV&BOOKS TOKYOにて、本作の第2章の劇場公開を記念したイベントが行われた。イベントには本作の主人公島村ジョー役の河本啓佑と、柿本広大監督が登壇!トークイベント時には、現在劇場公開中の第1章、第2章の見所に始まり、12月9日(金)に公開を迎える第3章の見所まで、本作のシリーズを通しての魅力をたっぷり語った。更に駆けつけたファンの方々に向けて、限定のサイン入りポスターをかけたジャンケン大会を実施。見事勝ち抜いたファンからは感激の声が上がった。

《第1・2章の見所について》

河本啓佑

まずは映像がフル3DCGの映像で、ゼロゼロナンバーサイボーグたちが縦横無尽に駆け巡るところが、圧倒的な魅力です。加速装置を使って動き回るシーンが多く、バトルの爽快感が魅力的だなと思います。また、2Dアニメのキャラクターの魅力を残しつつも3DCGになっているという、不思議な感じになっています。これまでの過去の作品のことも回想シーンなどで丁寧に描かれているので、これまでのファンの方はもちろん、この作品で「サイボーグ009」作品を初めて見る方も、とてもわかりやすい作品になっています。

柿本監督

セルで作られるアニメは1カット1カットが手描きで作れるのですが、今回の3DCGは今までのアニメーションとは少し異なり、実写に近い考え方のものになっていて、光の強さなどが全て計算されているので、他ではあまり見かけないものになっています。本作のアニメーション制作のO.L.M.Digitalさんはフォトリアルの作品が得意だったのですが、そこに齋藤将嗣さんのキャラクターデザインが入ることでただのアニメでも、ただのフォトリアルでもない作品に仕上がりました。


《キャスティングでこだわった点について》

柿本監督

今までの「サイボーグ009」を踏襲しつつ、新しいオリジナルストーリーになるので、フレッシュさと、これまでの009が抱えていたナイーブさを持った声優さんがいいと思っていました。河本さんは勇気がある声を出されて、叫ぶこともできるのですが、普段の会話の中で声の奥に優しさやナイーブさがあるので009に選びました。004のハインリヒなどは現場に日野聡さんのファンがいて「ぜひ日野さんの004が聞きたい」というところから始まりました。ただ基本的には新しい「サイボーグ009」を盛りたててくれるゼロゼロナンバーサイボーグたちで構成していきました。井上さんに関しては、何とか井上和彦さんとお願いしようと頑張りました。


《原作で思い入れのある場面》

柿本監督

0013というあまり話したりするのは得意ではないけれど、ゼロゼロナンバーサイボーグたちの少しハイクラスに位置するサイボーグと、運命は同じなのに戦わなくてはいけないという悲劇が好きでした。009は0013のことが大好きで、本当に戦いたくないと思っているのに、戦わなくてはならないというシーンが好きでした。

河本啓佑

ヨミ編のラストです。魔神像を爆破した後、ジョーとジェットが一緒に宇宙空間から地球に落下していくシーンはどうしようもなく心に残ります。あそこで泣いているフランソワーズに対してハインリヒが「君はジョーのことが好きだったのかい」と尋ねるシーンなど、良いシーンが沢山あります。
アニメでジョーが加速装置が故障して、加速した状態でみんなが止まった状態で過ごすシーンなども、ジョーがこれまですごく頑張って戦ってきたのにこんな孤独を味わうなんて、と印象に残りました。


《フランソワーズとカタリーナ、どっちが好み?》

河本啓佑

難しい質問ですが、カタリーナは国連軍ということもあり感情が表に出ないので、そういった意味でもフランソワーズの方が良いかもしれないです。優しくて明るく接してくれる人が好きなので。もちろんカタリーナも素敵ですが、このふたりから選ぶのはとても難しいです。今後第2章、第3章を観ていただくと、僕が悩む気持ちをわかってもらえると思います。

柿本監督

僕はカタリーナが好きです。003はジョーが大好きで、ジョーのことしか見ていないのですが、カタリーナはサバサバしていて好きです。僕の奥さんもサバサバしていて、言うべき事はぐさっと言うタイプなので、近いと思います。


《第3章の見所について》

河本啓佑

第2章は加速装置の進化した姿が見られて、その謎が大きなテーマになっているので、その答えを第3章で見て頂けます。これまで人間に戻ることは叶わないと思っていたジョーたちですが、第2章で人間の感覚を少し取り戻すところもあり、そこでも葛藤があるので、ぜひそこも楽しんで頂きたいです。

柿本監督

本作の根底のテーマに置いている、ジョーたちが持っている「自分たちがサイボーグにされてしまった」という悲劇の中で、どういう気持ちになっていくかというところをスタッフ一同で掘り下げていきました。また加速装置をリアルに突き詰めていくとどうなるのか、加速装置の限界を超えた先に何があるのかを、009たちの感情方面も踏まえた上で作りました。


『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』
11月25日(金)より 各章2週間限定 劇場公開

第1章:11月25日(金)~12月8日(木)
第2章:12月2日(金)~12月15日(木)
第3章:12月9日(金)~12月22日(木)

原作:石ノ森章太郎
総監督:神山健治
監督:柿本広大
キャラクターデザイン:齋藤将嗣
アニメーション制作:SIGNAL.MD・OLM Digital, Inc.
製作:石森プロ・Production I.G
配給:東宝映像事業部

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

石ノ森章太郎

生年月日1938年1月25日(60歳)
星座みずがめ座
出生地宮城県登米郡石森町

石ノ森章太郎の関連作品一覧

神山健治

生年月日1966年3月20日(52歳)
星座うお座
出生地埼玉県秩父市

神山健治の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST