【本日より上映!】女子おすすめのオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」3つのみどころ

コジ・ファウン・テット

コジ・ファン・トゥッテ/(C) ROH/Stephen Cummiskey 2016

世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像を『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』と題しTOHOシネマズ系列を中心に全国で上映。そしてこ12月9日(金)からは、モーツァルトのオペラの傑作「コジ・ファン・トゥッテ」(女はみんなそうしたもの)が、新進気鋭のドイツ人演出家ヤン・フィリップ・グローガーによる新しい演出で蘇る!

女の心は移ろいやすいと友人にそそのかされたふたりの男たち。恋人の誠実さを試すために心変わりするか賭けをして互いの恋人の心を射止めようとする、2組のカップルの騒動をコミカルに描く本作。国際的に評価されている若手の歌手たちをキャストに迎え、著名な指揮者であるセミヨン・ビシュコフが初めてオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」を指揮する注目作だ!…とはいうものの、敷居が高くなかなか馴染のないオペラ。そこでこの度、女性に是非オススメしたい、女性が大いに楽しめる本作の魅力を一挙にご紹介!!

一筋縄ではいかない!? 繊細な女心が良く描かれている!!

コジ・ファン・トゥッテ

(C) ROH/Stephen Cummiskey 2016

ズバリ本作のテーマは「心変わリ」。ある男性に「女性も浮気をする」とそそのかされたふたりの青年士官フェルランドとグリエルモは、それぞれのパートナーが浮気しないか試そうと全く別の姿に変装! パートナーを入れ替え、あの手この手で口説き落そうとする。一方、フェルランドとグリエルモが突然いなくなり嘆き悲しむフィオルディリージとドラベッラの前には執拗に口説いてくる2人の男性が出現。はじめこそ別れた恋人を想い拒絶していたフィオルディリージとドラベッラですが、男たちの一途な姿に次第に気持ちが揺れ動き始め…!? 簡単には騙されない繊細な女心、そして「女は浮気をしない」といった男の幻想が打ち砕かれる描写がコミカルに描かれている!

目で見て楽しい! 華やかな衣装や舞台装置の数々

コジ・ファン・トゥッテ

(C) ROH/Stephen Cummiskey 2016

オペラの楽しみといえば歌や音楽はもちろんのこと、華やかな衣装や舞台装置の数々も見逃せない。現代風な演出が施されている本作では、主演男性陣はトレンチコートを羽織り、アラビアンな衣装、スーツスタイル等、ドレッシーな衣装を様々に披露! 女性陣もスタイリッシュなドレスに身を包み、カツラを被ったりする等、目で見て飽きさせない工夫が仕掛けられている。またストーリーの進行に合わせ舞台も様変わり。駅前、森の中、バーラウンジ、建物の屋上、そしてエデンの園までもが出現!? 次はどんなステージになるのかと最後まで期待が止まらない。

全然古臭く感じない! モーツァルトの愉快な音楽

コジ・ファン・トゥッテ

(C) ROH/Stephen Cummiskey 2016

そして本作の魅力は何といってもモーツァルトが書いた素晴らしい音楽! 1790年に作曲されたとされる本作だが、それから200年以上たった現代においても、愉快なアンサンブルと共に現代風にアレンジされ新鮮さを持った形で演じられるのは、本作が時代に流されない本物の芸術作品であるからこそ。またオペラの内容も、当時ヨーロッパではある種のタブーとされていた女性の不貞行為をコミカルに描いており、「男も女も変わらないよ」といったモーツァルトの人間の本質を見抜く力が伺えるものになっている点も注目だ。

女性が楽しめる魅力がたっぷり詰まった本作。世界最高峰のロイヤル・オペラを、是非劇場でご堪能あれ!


『コジ・ファン・トゥッテ』
12月9日(金)より全国順次公開

作曲:ウォルフガング・アマデウス・モーツァルト
演出:ヤン・フィリップ・グローガー
指揮:セミヨン・ビシュコフ
出演:フェルランド:ダニエル・ベーレ、グリエルモ:アレッシオ・アルドゥーニ、ドン・アルフォンソ:ヨハネス・マルティン・グレンツレ、フィオルディリージ:コリーヌ・ウィンターズ、ドラベッラ:アンジェラ・ブラウアー、デスピーナ:サビーナ・プエルトラス

<前半演目の公開日>
※1日1回 1週間限定上映※

【ロイヤル・オペラ】 『コジ・ファン・トゥッテ』2016年12月9日(金)
【ロイヤル・バレエ】 『アナスタシア』 2017年1月13日(金)
【ロイヤル・オペラ】 『ホフマン物語』2017年1月27日(金)
【ロイヤル・バレエ】 『くるみ割り人形』 2017年2月10日(金)
【ロイヤル・オペラ】 『イル・トロヴァトーレ』 2017年3月3日(金)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST