最新作『スパイダーマン:ホームカミング』の予告解禁!アイアンマンと空を飛ぶ!?

スパイダーマン

(C)Marvel Studios 2016. (C)2016 CTMG. All Rights Reserved.

2017年8月11日(金・祝)日本公開、世界が待望するスパイダーマン新シリーズ『スパイダーマン:ホームカミング』。この度、初公開映像となる予告編がついに解禁!スパイダーマンとアイアンマンが空を飛ぶ姿が映し出されていた!?

ピーター・パーカー、15歳、高校生。アベンジャーズに出会う…

ニューヨーク。15歳のピーター・パーカーはスパイダーマンだ。部活のノリで街を救う、ヒーロー気取りの高校生。そんな彼の前にアイアンマンことトニー・スタークが現れる…

スタークに新しいスーツまで作ってもらい興奮するピーターは、自分の力を認めてもらおうと街に飛び出す日々。そんなある日、巨大な翼で飛行する怪物が街に突如現れる。ピーターはここぞとばかり、ニューヨークの平和のために怪物退治に乗り出そうとするが、スタークに「アベンジャーズに任せておけ」と止められてしまう。「ガキ扱いは、ゴメンだ!」とピーターはその忠告を聞かずに戦いに挑むが…。

主人公ピーター・パーカー/スパイダーマン役を演じるのは20歳の新進気鋭の英国俳優トム・ホランド。先日、東京コミコンで来日したスパイダーマンの生みの親スタン・リーに「トム・ホランドはスパイダーマンの役をやるために生まれてきた」と言わしめるほどの逸材。すでに世界中から人気と期待を集めている!

トニー・スターク(アイアンマン役)には同役での出演がこれで8作目となるロバート・ダウニー・Jr。スパイダーマンが対峙する敵・ヴァルチャーを『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』のマイケル・キートンが演じることが初映像でわかった。そして、ピーターの叔母であるメイおばさん役には『レスラー』マリサ・トメイ。MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)に加わったスパイダーマンをベテラン勢が支える。


『スパイダーマン:ホームカミング』
全米公開:2017年7月7日

監督:ジョン・ワッツ(『コップ・カー』)
キャスト:トム・ホランド(『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』『白鯨との闘い』)、ロバート・ダウニー・Jr(『アイアンマン』『アベンジャーズ』)、マイケル・キートン(『バットマン』、『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』)、マリサ・トメイ(『レスラー』)、ジョン・ファヴロー(『アベンジャーズ』)、ゼンデイヤ、トニー・レヴォロリ(『グランド・ブダペスト・ホテル』)、ローラ・ハリアー、ジェイコブ・バタラン

アイアンマン

アイアンマン

出演者 ロバート・ダウニー・Jr  ジェフ・ブリッジズ  テレンス・ハワード  グウィネス・パルトロー  ショーン・トーブ  レスリー・ビブ  ファラン・タヒール  サイード・バッドレヤ  ビル・スミトロヴィッチ  クラーク・グレッグ
監督 ジョン・ファブロー
製作総指揮 ジョン・ファブロー  ルイス・デスポジート  ピーター・ビリングスリー  アリ・アラッド  スタン・リー  デヴィッド・メイゼル
脚本 マーク・ファーガス  ホーク・オストビー  アート・マーカム  マット・ハロウェイ
音楽 ラミン・ジャヴァディ
概要 演技派ロバート・ダウニー・Jrを主演にマーベル・コミックの人気キャラクターを実写映画化した痛快SFアクション。軍需産業の経営者で発明家でもある主人公が、自社兵器の悪用を食い止めるため自ら開発したハイテクの鉄鎧を身に纏い、凶悪一味に立ち向かう。巨大軍事企業スターク・インダストリーズの社長で、発明家としての顔も持つトニー・スターク。彼はある日、アフガニスタンで自社新型兵器のデモ実験を成功させるが、テロリスト集団の襲撃に遭い、胸に深い傷を負ったまま囚われの身となってしまう。しかし、彼は一味の目を盗んで飛行可能なパワードスーツを開発、それを装着して脱出し、生還を果たすが…。

 作品詳細・レビューを見る 

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)

出演者 マイケル・キートン  ザック・ガリフィアナキス  エドワード・ノートン  アンドレア・ライズブロー  エイミー・ライアン  エマ・ストーン  ナオミ・ワッツ  リンゼイ・ダンカン  メリット・ウェヴァー  ビル・キャンプ
監督 アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ  アレハンドロ・G・イニャリトゥ
製作総指揮 クリストファー・ウッドロウ  モリー・コナーズ  サラ・E・ジョンソン
脚本 アレハンドロ・G・イニャリトゥ  ニコラス・ヒアコボーネ  アレクサンダー・ディネラリス・Jr  アルマンド・ボー
音楽 アントニオ・サンチェス
概要 「バベル」「BIUTIFUL ビューティフル」のアレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ監督が、かつてバットマン役で一世を風靡したマイケル・キートンを主演に迎え、公私ともにどん底状態の中年俳優が繰り広げる切なくも滑稽な悪戦苦闘の日々を、全編1カットという驚異の撮影スタイルで描き出すシニカル・コメディ。共演はエドワード・ノートン、エマ・ストーン、ナオミ・ワッツ。アカデミー賞で作品賞はじめ最多4部門を受賞。かつて主演した大人気スーパーヒーロー映画「バードマン」のイメージが払拭できずに、その後は鳴かず飛ばずの俳優人生を送るリーガン。私生活でも離婚に娘サムの薬物中毒と、すっかりどん底に。そこで再起を期して自身の脚色・演出・主演の舞台でブロードウェイに打って出るが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST