【レビュー】シリーズ初見者が観た『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』【ネタバレなし】

『フォースの覚醒」に引き続き、女性主人公で期待値大/(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

 『フォースの覚醒」に引き続き、女性主人公で期待値大/(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

見せてもらおうか、“もうひとつの「スター・ウォーズ」”とやらを

12月16日(金)からいよいよ公開となるシリーズ最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』は、『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』の直前までを描いた作品。昨年、初めて『スター・ウォーズ』に触れた筆者が今年も事前鑑賞の機会を得たので、簡単に感想を述べたいと思う。なお、再度“シリーズ初見者”という肩書を使うのは、シリーズ7作目の『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』を観たあとでも、やっぱり旧6作を1本も観ていないということでご勘弁いただきたい。『ローグ・ワン』はこの旧6作の前半(1~3)と後半(4~6)をつなぐ役目を果たしているのである。

『ローグ・ワン』は、ライバルの快進撃を止めたい話

今回の映画は「銀河を支配しようとする帝国がとにかくヤバい兵器を作った(らしい)。帝国の支配を阻止したい人たち(反乱軍)は、その兵器を止めるため、なんとしても設計図を手に入れる必要がある」というもの。現代風に言うと「市場を独占しかけている大企業がとんでもない新製品を作っていて、それが完成したらしい。完全な市場独占を防ぐため、他社が一丸となって、新製品を無き物とするために立ち上がる」といったところか。

ドニー・イェン演じるチアルート、大活躍/(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

ドニー・イェン演じるチアルート、大活躍/(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

『スター・ウォーズ』感は、物語の進行とともに加速!

先に書いたとおり、最終目標は「ヤバい兵器を止める手がかりとなる設計図を手に入れる」ということなので、ひっそり見つからないように慎重に…と派手な戦いに最初からはならないが、見つかってしまってからはもう、いわゆる『スター・ウォーズ』そのもの。宇宙空間で、星で、と各地で大規模な戦闘が繰り広げられていく。旧作ファンはそれまでのやりとりやディテールでいろいろ盛り上がるだろうが、私レベルくらいの人間ならここからが本番。戦いが始まってからは最後までノンストップ。テンションが落ちることは決してないのだ。

スターに頼らないのが『ローグ・ワン』の良さ

本作のプロモーションにおいて、旧作ファンは言わずもがな、私のようなほぼ知らない人間にでもわかるスター“ダース・ベイダー”推しは、映画公開が近づくにつれて大きくなっていった。逆に言うと「ベイダー以外『スター・ウォーズ』っぽい人(例えば、何らかのフードをかぶった人たちとか異星人的なものとか。※勝手なイメージ)が出てきてないよな」という印象づけにもなってしまう。ここは旧作ファンにとっては「アイツが出るかな?」といった想像が楽しいところだが、ライトな人にはどう映っているのか…。

しかし、映画を観てわかったことだが、スターに頼らないのが『ローグ・ワン』の良さであり、それが逆にスターを引き立てるという相乗効果も生み出している。結果、『スター・ウォーズ』を深く知らなくてもテンションが上がり、「おおおお!」と思わず心のなかで思ってしまうほどだった。まぁ、発声OKなら確実に声を出しているところだが。

『ローグ・ワン』を観終えて―本作は確実にテンション上がる1本

もちろん旧作ファンがニヤリとしたり驚いたりするの展開がある一方、先日来日したギャレス・エドワーズ監督が言った「『スター・ウォーズ』の導入にピッタリ」という言葉に偽りなし。本作を観たらすぐにでも『スター・ウォーズ エピソードIV/新たなる希望』が観たくなるのだ。むしろ、映画を見に行く日に借りておいてほしいくらいのレベル。

フェリシティ・ジョーンズ演じるジンとマッツ・ミケルセン演じるゲレイン(カッコよすぎる親父)の親子関係がストーリーの中心となる本作だが、筆者が一番驚いたのは「ローグ・ワン」誕生の瞬間。他者から観たこの場面に関する反応がとても気になったところでもある。

元・帝国のドロイドK-2SOはかなり優秀だし、いい味出してる/(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

元・帝国のドロイドK-2SOはかなり優秀だし、いい味出してる/(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

そして本作は宇宙モノなので、映画館での鑑賞は必須。この緊張感とスケール感を味わうなら是非大きなスクリーンを推奨したい。『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』はこの冬イチオシの一本としてオススメしたいし、今度こそ旧6部作を観るキッカケを与えてもらったのかもしれないと思える作品であり、『スター・ウォーズ』サーガに名を連ねるにふさわしい1本となったのではと感じている。

(文・ニュース編集部)

>関連記事:【ネタバレ】『ローグ・ワン』―古き良き『スター・ウォーズ』が帰って来たぞ!温故知新の名作誕生
※鑑賞後の閲覧を推奨


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
絶賛、販売レンタル中!

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST