『モアナと伝説の海』が全米興収ランキング3週連続1位&第74回ゴールデングローブ賞で2部門ノミネート

 

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

2014年に空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、2016年の『ズートピア』に次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』(2017年3月10日日本公開)が、12月9日~11日の週末興収($18,533,804 ※12月13日現在)で第1位を獲得し、全米興行収入ランキング3週連続1位を記録した。

さらに、現地時間12月12日に発表となった、アカデミー賞の前哨戦と言われる第74回ゴールデングローブ賞では、最優秀長編アニメーション賞、最優秀主題歌賞の2部門へノミネート。全米各メディアからは、早くも「オスカー受賞は確実!」の呼び声が高く、「今年公開された他のどの映画にもない魔法とハートが詰まっている、今年最高の1本!」(MADE INHOLLYWOOD)、「映画史にその名を刻むであろう傑作!」(MouseInfo.com)など絶賛評が後を絶たない。

また、トニー賞11部門受賞の『ハミルトン』を手掛けて注目されているアーティスト、リン=マニュエル・ミランダによる楽曲“How Far I'll Go”も、世界中でブームとなった『アナと雪の女王』の主題歌“Let It Go”に続き、最優秀主題歌賞のノミネートとなった。「間違いなく今年
最高の映画ソング!」(ABC TV)、「リン=マニュエル・ミランダはディズニーの新たな秘密兵器だ!」(Hypable)、「美しいアニメーションに相応しい驚くほど素晴らしい音楽!」(HOLLYWOOD REPORTER誌)とのコメントが相次ぎ、『アナと雪の女王』でも成し得なかった主題歌賞受賞、さらにはアニメーション賞とのW受賞への大きな期待がかかる。

結果は、日本時間1月9日の授賞式で発表される。アニメーションのアカデミー賞と言われる「アニー賞」では作品賞、声優賞(アウリィ・カルバーリョ)他計6部門にノミネートされている本作。今回のゴールデングローブ賞のノミネート決定でまた一歩、オスカー受賞に近づくこととなった。


映画『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)、全国ロードショー

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』『アラジン』
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:Moana
全米公開:2016 年11月23日

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST