平日にも関わらず『ローグ・ワン』深夜上映に800人集結!-最速上映レポート

『ローグ・ワン』

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

12月16日(金)より全国公開となった『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』。記念すべき公開初日を迎えるTOHOシネマズ 六本木ヒルズでは、日付が変わる16日(金)0時00分から上映を開始する最速上映を実施! 平日の深夜にも関わらず、約800名のファンが最速上映を楽しむために会場に詰めかけた!

カウントダウンで「May the Force be with us!」

カウントダウン

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

深夜の最速上映に向けて、劇場のロビーには当日オープン時から“ローグ・ワン”カウントダウン時計が設置され、期待に溢れたファンたちをお出迎え。同館ロビーには、カウントダウンのみ参加するファンも集まり身動きが取れないほどの熱気に包まれた。中には、スター・ウォーズのお気に入りキャラクター達のコスチュームで身を包んだファンも多数集結し、あたかも様々な種族が行き交う作中の惑星のような盛り上がりを見せ、熱いファン同士で写真撮影をするなど、スター・ウォーズ愛溢れるファン同士の交流も広がっていた。

そんな中、ロイヤル・ガードを先導として本作でスクリーン最後の登場とも囁かれる“世界一有名な悪役”ダース・ベイダーが厳かに登場! 悪の帝王の突然の登場に、ファン達の興奮は最高潮に !いよいよ最速上映開始まであと数分となった15日(木)午後23時50分過ぎ、“ローグ・ワン”時計の前ではファンのカウントダウン大合唱が始まり、12月16日(金)0時00分を迎えた瞬間、「May the Force be with us!」と熱狂の歓声で最新作『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』の公開を祝福した。

往年のスター・ウォーズ ファンのみならず、昨年の『フォースの覚醒』でスター・ウォーズの魅力に目覚めた新世代のファン、そして『ローグ・ワン』から新たにスター・ウォーズの世界へ飛び込もうとする若い世代も多数集まったTOHOシネマズ 六本木では、最速上映を皮切りに計6回の深夜上映が組まれており、朝までスター・ウォーズ ファンで溢れるお祭りが続く予定だ。

カウントダウン

(C)2016 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

12月16日(金)TOHOシネマズ 六本木での深夜上映回

▼0:00上映開始/スクリーン7、スクリーン9(3D字幕版)
▼0:30上映開始/スクリーン8(3D字幕版・MX4D)
▼1:00上映開始/スクリーン2(2D字幕版)
▼3:05上映開始/スクリーン7(3D字幕版)
▼3:30上映開始/スクリーン8(3D字幕版・MX4D)


映画『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
2016年12月16日(金)全国ロードショー

監督:ギャレス・エドワーズ
製作:キャスリーン・ケネディ
出演:フェリシティ・ジョーンズ/ディエゴ・ルナ/ベン・メンデルソーン/ドニー・イェン/チアン・ウェン/フォレスト・ウィテカー/マッツ・ミケルセン/アラン・テュディック/リズ・アーメッド
原題:ROGUE ONE A STAR WARS STORY
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST