マーティン・スコセッシ監督の『沈黙-サイレンス-』 厳しいキリシタン弾圧を捉えた日本版予告編が到着!

 

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.

遠藤周作の歴史小説『沈黙』を、マーティン・スコセッシ監督が実写化した映画『沈黙-サイレンス-』から、日本版予告編が到着。物語の舞台である長崎で行われる、厳しいキリシタン弾圧の様子が一部明らかになった。

アカデミー賞最有力と注目される本作は、スコセッシが1988年に原作と出会ってから28年、読んだ瞬間に映画化を希望し、長年に渡り企画してきたという念願のプロジェクト。17世紀の江戸初期を舞台に、激しいキリシタン弾圧の中で棄教したとされる師の真実を確かめるため、日本にたどり着いた宣教師・ロドリゴ(アンドリュー・ガーフィールド)の目を通じて、人間にとって本当に大切なものとは何かを、壮大な映像で描いた歴史大作だ。

解禁された予告編には、敬虔なキリスト教信者であるモキチ(塚本晋也) が荒波の中で水磔に遭うシーンや、奉行の井上筑後守(イッセー尾形)が村人に対して行う厳しい取り調べの様子、そして沈黙し続ける主に向かって自身の思いを吐露するロドリゴの姿などが捉えられている。

予告編と同時に、2枚の場面写真も解禁となった。1枚に収められているのは、長崎奉行の追跡を逃れて山中をさまよう中、キチジロー(窪塚洋介)が自らの罪を告白し、ロドリゴに赦しを請う告解のシーンだ。そしてもう1枚には、奉行所に囚われたロドリゴの隣に腰かけ、「悩むことはない“転ぶ”のだ。お前が転ばぬ限り犠牲がでる」と棄教を迫る、浅野忠信ふんする通辞の姿が収められている。

 

(c) 2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.


映画『沈黙-サイレンス-』
2017年1月21日(土) 全国ロードショー

原作:遠藤周作『沈黙』(新潮文庫)
監督:マーティン・スコセッシ
脚本:ジェイ・コックス
撮影:ロドリゴ・プリエト
美術:ダンテ・フェレッティ
編集:セルマ・スクーンメイカー
出演:アンドリュー・ガーフィールド、リーアム・ニーソン、アダム・ドライバー、窪塚洋介、浅野忠信
イッセー尾形、塚本晋也、小松菜奈、加瀬亮、笈田ヨシ
配給:KADOKAWA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

アンドリュー・ガーフィールド

生年月日1983年8月20日(35歳)
星座しし座
出生地米・カリフォルニア・ロサンジェルス

アンドリュー・ガーフィールドの関連作品一覧

イッセー尾形

生年月日1952年2月22日(66歳)
星座うお座
出生地福岡県福岡市

イッセー尾形の関連作品一覧

マーティン・スコセッシ

生年月日1942年11月17日(75歳)
星座さそり座
出生地米・ニューヨーク

マーティン・スコセッシの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST