『ブルー・バレンタイン』の監督最新作が2017年春に公開!実のカップルが演じる夫婦の愛とは?

 

(C)2016 STORYTELLER DISTRIBUTION CO., LLC

ラブストーリーの名作『ブルー・バレンタイン』のデレク・シアンフランス監督の最新作『THE LIGHT BETWEEN OCEANS』が、邦題『光をくれた人』として2017年春、全国公開することが決定した。

電車の中やカフェでは読んではいけない、なぜなら人目もはばからず泣いてしまうから─そんな絶賛の中、40ヵ国以上で刊行された世界的ベストセラー、M・L・ステッドマンの『海を照らす光』を基にする本作。劇中では、“他人の子”を育てる灯台守の夫婦として、本作をきっかけにプライベートでもカップルとなったマイケル・ファスベンダーとアリシア・ヴィキャンデルが共演。赤ん坊の実の母親には、『ナイロビの蜂』でオスカーを手にしたレイチェル・ワイズがふんする。

誰もいない孤島に漂流した赤ん坊を育てる決心をした灯台守の夫婦の愛情。実の母親と出会ってしまうことで抱く葛藤。そして実の母親の苦悩を描いた物語は、本国公開後「ティッシュメーカーの株価が上がるほど観客は泣くに違いない」(ガーディアン紙)、「泣く準備を!この映画にはすべてが揃っている」(ワシントンポスト)、「心が引き裂かれるなんてものではない、心をえぐり取られた」(USAトゥデイ)と大評判になっている。果たして夫婦は、「他人の子」を育て続けるのか?それとも…。来年の公開に、期待が膨らむ。


映画『光をくれた人』
2017年春 TOHOシネマズ シャンテ 他全国ロードショー

監督:デレク・シアンフランス
原作:『海を照らす光』(M・L・ステッドマン/古屋美登里訳/早川書房)
出演:マイケル・ファスベンダー、アリシア・ヴィキャンデル、レイチェル・ワイズ
配給:ファントム・フィルム
【2016/アメリカ・オーストラリア・ニュージーランド/133分/スコープサイズ/5.1ch】
原題:THE LIGHT BETWEEN OCEANS

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST