『一週間フレンズ。』主題歌版トレーラーが解禁!山﨑賢人の胸キュンなセリフも

 

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

川口春奈山﨑賢人が共演する映画『一週間フレンズ。』から、主題歌であるスキマスイッチの『奏(かなで) for 一週間フレンズ。』の楽曲の一部と本編映像が融合した、特別映像≪『一週間フレンズ。』主題歌版トレーラー≫が解禁となった。

本作は、“友達の記憶”を一週間で失ってしまう記憶障害を持つ藤宮香織(川口)と、初めて彼女に会った日から心惹かれ、「友達になってください」と想いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹(山﨑)が織り成す、真っ直ぐで特別な恋物語。

 

(C)2017 葉月抹茶/スクウェアエニックス・映画「一週間フレンズ。」製作委員会

主題歌『奏(かなで) for 一週間フレンズ。』は、映画のイメージを踏まえ、2004年に『奏(かなで)』オリジナルバージョンをレコーディングした当時の大橋卓弥の歌声と、新たにアレンジ・レコーディングされた楽器演奏をセルフ・コラボレーションさせたスペシャル・バージョン。オリジナルバージョンでは打ち込みだったストリングスやドラム等の楽器を生楽器での演奏に変更するだけでなく、序盤はオリジナルバージョンのアレンジに寄せ、中盤からはより壮大且つドラマチックとなるアレンジを施し、当時のオリジナルボーカルとの時を超えたコラボ―レーションを実現した。

解禁となった主題歌版トレーラーは、『奏(かなで) for 一週間フレンズ。』の一部と、初解禁となる本編映像がコラボした特別映像。冒頭で描かれるのは、香織と祐樹が初めて出会った日の、帰り道の電車の中のシーンだ。「俺と、友達になってください!」とアプローチするも、香織に断られてしまう祐樹。それでも彼は諦めず、何度でも香織に会いにいき、2人にとって大切な場所となる屋上ではまっすぐな想いを伝える。

「俺は絶対に、嫌になったり、面倒になったりしない。毎週月曜日、いつも言うから。何度でも言い続けるから。友達になってくださいって。」と笑顔で伝える祐樹のひたむきさには、誰もが心をつかまれること間違いない。さらに今回の映像では、交換日記を始めた2人が下駄箱の影に隠れて笑顔を交わすシーンや、学園祭の夜に手を取り合って駆け出すシーンなど、見どころ満載になっている。


映画『一週間フレンズ。』
2017年2月18日(土)公開

監督:村上正典
​脚本:泉澤陽子
原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス刊)
主演:川口春奈・山﨑賢人
配給:松竹株式会社

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST