ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』 待望の日本版声優ついに発表!

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.

2014年空前の社会現象を巻き起こした『アナと雪の女王』、2016年『ズートピア』の大ヒットに次ぐ、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』(3月10日(金)公開) 。アナとエルサに続くディズニーの新ヒロインで主人公の“モアナ”は、海を愛し、海に選ばれた16歳の少女だ。

本作の日本版予告編が公開されていたが、日本版声優は明らかになっていなかった。モアナの良き理解者であるタラおばあちゃんを夏木マリ、伝説の英雄マウイを尾上松也が演じていることが明らかとなった。

相棒としてモアナを支え、一緒に冒険をする伝説の英雄“マウイ”。神に与えられた巨大な釣り針でどんな生き物にも姿を変える変身の達人で、冒険のカギを握るキャラクターを演じる。尾上は「僕の幼少期はディズニー無しでは語れない。いつかディズニー・アニメーションの声優が出来たら最高だなとずっと思っていましたので、夢が叶いました!」と、喜びを語った。そして、尾上松也さんを起用した理由についてディズニー担当者は「マウイは、悩みながらも前に進むモアナを支える重要なキャラクターです。モアナの相棒として頼もしく陽気でありながら、一方では繊細な一面も併せ持ち、セリフのみならず歌も歌う非常に難しい役柄。マウイ役を演じられるのは、歌舞伎、ミュージカル、ドラマと、そのジャンル毎に見るものを魅了させる尾上松也さん以外にいないと思いオファーさせて頂きました」と語っている。


またモアナを見守り、モアナの運命を導く道しるべとなる“タラおばあちゃん”の声を演じるのは、ディズニー・アニメーションの声優初挑戦の夏木マリ。タラおばあちゃん役が決まった時の気持ちを「ディズニー作品でおばあちゃんの役があったら参加したいと思っていました」と語った。夏木の起用理由については「演技、歌、踊りなどのあらゆる表現で観客を魅了する夏木マリさんは唯一無二の存在です。タラおばあちゃんは、予期せぬ出来事に戸惑い悩むモアナを支える理解者であり、島に伝わる伝説を伝える存在としてもとても重要な存在で、セリフのみならず歌も歌う非常に難しい役柄。タラおばあちゃん役を演じられるのは夏木マリさん以外にいないと思いオファーさせて頂きました」と前担当者は語っている。


映画『モアナと伝説の海』
2017年3月10日(金)、全国ロードショー

監督:ロン・クレメンツ&ジョン・マスカー(『リトル・マーメイド』『アラジン』
製作:オスナット・シュラー
製作総指揮:ジョン・ラセター
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン
原題:Moana
全米公開:2016 年11月23日

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

夏木マリ

生年月日1952年5月2日(66歳)
星座おうし座
出生地東京都豊島区

夏木マリの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST