2017年“今”押さえておきたい監督をチェックする映画4選!-TSUTAYA映画通スタッフおすすめ

2017年は『スター・ウォーズ』シリーズ第8作のほか、期待の注目作品が目白押し。そんな新しく抜擢された監督や新進気鋭の監督たちの押さえておくべき作品をご紹介します!

エピソード8を手がける監督の出世作!

  LOOPER / ルーパー

LOOPER / ルーパー

好評レンタル&発売中

2044年のカンザス州。ジョーは未来の犯罪組織の依頼で過去にタイム・トラベルしてくる標的を殺す、通称「ルーパー」。しかしある依頼で処理することになったのは、30年後の未来から来た自分自身だった…。

【押さえておきたいPoint】

『スター・ウォーズ』の8作目を手がけるのは、弱冠43歳のライアン・ジョンソン監督。彼の2012年の作品『LOOPER/ルーパー』は、様々な批評家のその年のベストテン作品に入るなど、高く評価された作品です。未来の自分を殺すという奇抜な設定にも関わらず、重厚でリアリティがある仕上がりとなっており、見終わった時にはスター・ウォーズを任されることも納得…。

監督の長編作品は3作品だけですが、脚本も手がけており、それが高く評価されているところもポイント。なんでも、『フォースの覚醒』の監督のJ.J.エイブラムスが、『エピソード8』の脚本を読んで、自分が監督できないことが残念だと語ったとか。それだけクオリティの高い脚本だということが期待できますね。今から『スター・ウォーズ』の新作の世界観を知るためには要チェックの作品です!

作品詳細・レビューを見る

リドリー・スコットの後を継ぐ新進気鋭の監督

  複製された男

複製された男

好評レンタル&発売中

大学講師アダムは、ある映画の中に自分と瓜二つの端役の俳優を発見する。あまりのことに驚きを通り越し恐怖を感じたアダムは、翌日から取り憑かれたようにその俳優を探し始めるのだった…。

【押さえておきたいPoint】

『ブレードランナー2049』では、前作の監督リドリー・スコットは製作総指揮に回り、カナダ人のドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンを取ることとなりました。ヴィルヌーヴ監督は、2010年の作品『灼熱の魂』がアカデミー賞 外国語映画賞にノミネート、2015年の『ボーダーライン』はカンヌで高く評価されるなど、その実力はお墨付き。どの作品も重厚かつ緊迫感を感じさせるもので、『ブレードランナー2049』の監督に抜擢されたのも納得です。

彼の作品のうち、本作はノーベル賞作家、ジョゼ・サラマーゴの難解な小説を映画化したもの。瓜二つの男は一体誰なのか? その謎に対してわかりやすい回答は用意されず、観客は監督が構築した世界に絡め取られ、観念と格闘させられることになります。正に「ブレードランナー」的世界の序章を体験できる作品です。

作品詳細・レビューを見る

「七人の侍」をアレンジする実力派監督

  イコライザー

イコライザー

好評レンタル&発売中

今は静かに生活するロバート・マッコールは、元CIAのエージェント。彼はある日、少女娼婦テリーがマフィアから残酷な扱いを受けていることを知る。見過ごせなくなった彼は悪に立ち向かうことを決意する。

【押さえておきたいPoint】

黒澤明監督の『七人の侍』をアレンジした『マグニフィセント・セブン』。主演:デンゼル・ワシントン、監督:アントワーン・フークアのタッグは何と3作品目。しかも、何とこの後、本作の続編『イコライザー2』の製作が予定されているとか! このお互いを信頼しあったコンビ、デンゼル・ワシントンがアカデミー賞主演男優賞を受賞した『トレーニング・デイ』も名作ですが、続編の予定もあるので、やはり本作がオススメ! 重厚な男たちのドラマ、画面構成の美意識、アクションの爽快感など、事前に見れば『マグニフィセント・セブン』の期待感が増すこと請け合いの一作です!

作品詳細・レビューを見る

デイミアン・チャゼル監督の勢いは止まらない!

  セッション

セッション

好評レンタル&発売中

名門音大に入学したニーマンは教師フレッチャーのバンドにスカウトされるが、彼を待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった…。

【押さえておきたいPoint】

本作『セッション』で助演男優賞はじめ、アカデミー賞3冠を達成したデイミアン・チャゼル監督。「長編一作目が高く評価されることって良くあるよね」と思っていた人々に届いた衝撃のニュース、それは先日のゴールデン・グローブ賞で監督の2作目『ラ・ラ・ランド』が7冠に輝いたということ! 弱冠31歳のデイミアン・チャゼル監督はかつてミュージシャンになる夢を持ち、その時の経験が『セッション』の元となったとか。その音楽への思いが、『ラ・ラ・ランド』をミュージカルとして撮ったことにもつながるのでしょう。

そんな監督の作品のうち、パッケージで見ることができるのは「セッション」だけ。今からでも追いつくことが可能です! 世界中が『ラ・ラ・ランド』ブームで沸き返る前に、『セッション』の手に汗握る音楽の世界を今一度チェックしてください!

作品詳細・レビューを見る

【オススメ人】
TSUTAYAスタッフ:かしこ

90年代のミニシアターブームから映画にはまり、気づいたら幾星霜。 単館系、文芸系、ドキュメンタリー映画をよく見ます。
最近は海外の映画祭にボランティアで参加したいと思いたち、もっぱら英語を勉強中。(でも道のりは遠い…)

>様々なジャンルやテーマで映画をおすすめ中! TSUTAYA映画通スタッフが教えるとっておきの映画はコチラ

LOOPER/ルーパー

LOOPER/ルーパー

出演者 ブルース・ウィリス  ジョセフ・ゴードン=レビット  エミリー・ブラント  ポール・ダノ  ノア・セガン  パイパー・ペラーボ  ジェフ・ダニエルズ  ピアース・ガニォン  シュイ・チン  ギャレット・ディラハント
監督 ライアン・ジョンソン
製作総指揮 ダグラス・E・ハンセン  ジュリー・ゴールドスタイン  ピーター・シュレッセル  ジョセフ・ゴードン=レビット  ダン・ミンツ
脚本 ライアン・ジョンソン
音楽 ネイサン・ジョンソン
概要 殺すべき標的が30年後の自分というひねりの利いた設定と巧みな脚本が各方面から絶賛されたSFアクション。出演は「ダークナイト ライジング」のジョセフ・ゴードン=レヴィットと「ダイ・ハード」のブルース・ウィリス。監督は「BRICK ブリック」のライアン・ジョンソン。2074年、タイムマシンの使用が固く禁じられた世界で、犯罪組織は違法なタイムマシンを殺人に利用していた。彼らはタイムマシンで標的を30年前に送り、待ち構えている処刑人“ルーパー”に殺害を実行させていたのだ。2044年、ルーパーとして30年後の未来から送られてくる標的の殺害を請け負っていた男ジョー。ある時、そんなジョーの前に標的として現われたのは、なんと30年後の自分だった。

 作品詳細・レビューを見る 

複製された男

複製された男

出演者 ジェイク・ギレンホール  メラニー・ロラン  サラ・ガドン  イザベラ・ロッセリーニ  ジョシュア・ピース  ティム・ポスト  ケダー・ブラウン  ダリル・ディン  ミシャ・ハイステッド  メーガン・メイン
監督 ドゥニ・ヴィルヌーヴ
製作総指揮 フランソワ・イヴェルネル  キャメロン・マクラッケン  マーク・スローン  ヴィクター・ロウイ
脚本 ハビエル・グヨン
原作者 ジョゼ・サラマーゴ
音楽 ダニー・ベンジー  ソーンダー・ジュリアーンズ
概要 「灼熱の魂」「プリズナーズ」のドゥニ・ヴィルヌーヴ監督が、「プリズナーズ」のジェイク・ギレンホールを再び主演に迎え、ノーベル賞作家ジョゼ・サラマーゴの同名小説を映画化したサスペンス・ミステリー。ある日偶然、自分と瓜二つの俳優の存在に気づいてしまい、いつしかアイデンティティの危機に直面していく主人公の混乱と恐怖を描く。共演はメラニー・ロラン、サラ・ガドン。ある日、大学の歴史講師アダムは、鑑賞していた映画の中の端役が自分と瓜二つなことに気づく。以来、取り憑かれたようにその俳優のことを調べ始めるアダム。やがてアンソニーという名前を突き止め、ついに2人は対面する。そして、すべてがまったく同じもう一人の自分の存在に気づいてしまうアダムとアンソニーだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

イコライザー

イコライザー

出演者 デンゼル・ワシントン  マートン・ソーカス  クロエ・グレース・モレッツ  デヴィッド・ハーバー  ビル・プルマン  メリッサ・レオ  ヘイリー・ベネット  デヴィッド・ムニエ  ジョニー・スコアーティス  アレックス・ヴィードフ
監督 アントワン・フークワ
製作総指揮 エズラ・スワードロウ  デヴィッド・ブルームフィールド  ベン・ウェイスブレン
脚本 リチャード・ウェンク
音楽 ハリー・グレッグソン・ウィリアムズ
概要 「トレーニング デイ」のデンゼル・ワシントンとアントワーン・フークア監督が再びタッグを組み、80年代後半のカルトTVシリーズ「ザ・シークレット・ハンター」を映画化したクライム・アクション。共演は「キック・アス」のクロエ・グレース・モレッツ。ホームセンターの真面目な従業員、ロバート・マッコール。かつては、CIAの凄腕エージェントだった彼だが、引退した今は、過去を消して静かな生活を送っていた。そんなある日、行きつけのカフェで知り合った少女娼婦テリーが、ロシアン・マフィアから残酷な扱いを受けていることを知る。見過ごすことが出来ず、ついに封印していた正義の怒りを爆発させたマッコールは、極悪非道なロシアン・マフィアに敢然と立ち向かっていくのだった。

 作品詳細・レビューを見る 

セッション

セッション

出演者 マイルズ・テラー  J・K・シモンズ  ポール・ライザー  メリッサ・ブノワ  オースティン・ストウェル  ネイト・ラング  クリス・マルケイ  デイモン・ガプトン  スアンヌ・スポーク  マックス・カッシュ
監督 デイミアン・チャゼル
製作総指揮 ジェイソン・ライトマン  ゲイリー・マイケル・ウォルターズ  クーパー・サミュエルソン  ジャネット・ヴォルトゥルノ=ブリル
脚本 デイミアン・チャゼル
音楽 ジャスティン・ハーウィッツ
概要 一流のドラマーを目指し名門音楽大学に入学した青年が、鬼教師の常軌を逸したシゴキ指導によって心身共に追い詰められていくさまを、心揺さぶる熱き演奏シーンとともに描く興奮と衝撃の音楽青春ドラマ。主演は「21オーバー 最初の二日酔い」のマイルズ・テラー。共演は、本作の鬼気迫る演技でアカデミー助演男優賞をはじめ映画賞を総なめにしたJ・K・シモンズ。監督は、長編2作目の本作で一躍ハリウッド期待の新星となったデイミアン・チャゼル。全米屈指の名門、シェイファー音楽院に入学したニーマンは、フレッチャー教授の目に止まり、彼のバンドにスカウトされる。そこで成功すれば、偉大な音楽家になるという夢は叶ったも同然。自信と期待を胸に練習に参加したニーマンだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST