【映像】ティム・バートンが語る!新作映画『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』のビジョンとは?

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』

『ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち』/(C)2016 Twentieth Century Fox

『アリス・イン・ワンダーランド』、『チャーリーとチョコレート工場』ティム・バートン監督の最新作『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』が2017年2月3日に公開。この度本作の公開に先駆けて、特別映像が到着! バートン監督が作品に込めた思いが明らかになった。

“奇妙”の烙印を押された人の感覚

映像で「“奇妙”の烙印を押された人の感覚を描きたいと思った。私も強烈に思い出す感覚だ」と明かしているバートン監督だが、幼少期からホラーや怪獣映画に強く惹き付けられ、周囲から“変った子供”と言われていた。そんなバートン監督だからこそ、“奇妙な者”たちが自分らしくいることで、社会のはみだしものになっていることにすぐに共感した。「明らかにスーパーヒーロー・ジャンルは活気づいていて勢いはあるが、そういうジャンルとして考えなかった。本作はずっと“人間臭い”バージョンだという気がしている。それに、スーパーパワーというよりは、苦悩に近いものとして考えた」と説明する。

更に到着した映像では、エヴァ・グリーン、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ、サミュエル・L・ジャクソンといった名だたる俳優たちがバートン監督に対してだけでなく、監督の描く世界観、このメッセージも絶賛している。グリーンは「外の世界では、子供たちが持っているこういった能力はハンディキャップと見られて、彼らは迫害されるでしょうね。でもこの島では、彼らはユニークなところを祝福されている。映画のメッセージは、子供にも大人に対しても、“違いを受け入れ、堂々と生きよ”と言ってくれる作品よ」と全ての人が勇気付けられる力強いメッセージが込められていることを明かした。

バートン監督がありったけの想像力を膨らませて観るものを誘うのは、同じ一日を繰り返し、永遠に年をとらない子供たちが暮らす秘密めいた別世界。奇妙なこどもたちが、その個性を輝きに変える姿をぜひ、お見逃しなく。


映画『ミス・ぺレグリンと奇妙なこどもたち』
2017年2月3日(金)全国ロードショー

監督:ティム・バートン
出演:エヴァ・グリーン、エイサ・バターフィールド、サミュエル・L.ジャクソン、エラ・パーネル、ジュディ・デンチ、テレンス・スタンプ
配給:20世紀フォックス映画

アリス・イン・ワンダーランド

アリス・イン・ワンダーランド

出演者 ミア・ワシコウスカ  ジョニー・デップ  ヘレナ・ボナム・カーター  アン・ハサウェイ  クリスピン・グローバー  マット・ルーカス  マートン・ソーカス  ティム・ピゴット=スミス  リンゼイ・ダンカン  ジェラルディン・ジェームズ
監督 ティム・バートン
製作総指揮 クリス・レベンゾン
脚本 リンダ・ウールヴァートン
原作者 ルイス・キャロル
音楽 ダニー エルフマン
概要 「チャーリーとチョコレート工場」のティム・バートン監督とジョニー・デップの名コンビが贈る冒険ファンタジー。ルイス・キャロルの名作『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を基に、19歳に成長したアリスの新たな冒険を、最新の3D映像技術で鮮やかに描き出す。ヒロイン、アリス役には新星ミア・ワシコウスカ。子どもの時に体験した不思議の国(ワンダーランド)での記憶をすっかり失くしていた19歳のアリス。ある日、突然のプロポーズを受け困惑していた彼女は、チョッキを着た白うさぎを目に止める。その不思議なうさぎを追いかけて穴に落ちてしまうアリス。辿り着いたのは、アンダーランドと呼ばれているあのワンダーランドだったのだが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ティム・バートン

生年月日1958年8月25日(59歳)
星座おとめ座
出生地米・カリフォルニア

ティム・バートンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST