【ワイヤーなし!】映画『アサシン クリード』イーグルダイブのメイキングが刺激的すぎる!

『アサシン クリード』衝撃のメイキングとは?

『アサシン クリード』衝撃のメイキングとは?/(C)2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved.

マイケル・ファスベンダー主演映画『アサシン クリード』が 3月3日(金)に公開。全世界でシリーズ累計9,600万本以上を売り上げた世界的な人気ゲームの世界観をもとに、新しいストーリーで描かれるミステリー・アクション。この度、本作のメイキング映像が到着し、ガチ過ぎる撮影が明らかになった!?

高さ38メートルから、紐なしバンジー!?

本作の実写化にあたり、ジャスティン・ガーゼル監督が最も労力を注いだのは、ゲームのアクションを現実世界に置き換えること。その為、プロジェクトの初期段階で、主要俳優やスタントチームが登場するシークエンスの振り付けが、パルクールの世界チャンピオンでスタントマン、ダミアン・ウォルターズに依頼されたのだった…。

『アサシン クリード』の象徴的なスタントであるイーグルダイブ(アサシンが突き出た棚から飛び出し、空中で縦方向に回転し、水面や干し草の山に背中から落下する)について、ウォルターズは、このスタントをやろうと計画した。CGIの時代にワイヤーもバンジー紐も使わないフリー・フォールをやることはめったにない。プロダクション・チームが提案した高さは約6メートルだったが、ウォルターズは、約38メートルに固執した。ウォルターズにとってもこの高さで、さらにクレーンの上からのジャンプは、キャリアで“もっとも危険な”スタントとなった。ベテランのスタントマンにとってさえ、フリー・フォールは考えるのも恐ろしいスタントだ。デジタルの代役を使わずに、ウォルターズは、約21メートルの高さから始めて、今まで誰も試したことがない約38メートルの高さまで上げていき、8回飛んだ。

自身が演じる伝説のアサシン、アギラールのスタントを見てマイケル・ファスベンダーは、「ダミアンは、クレーンから飛んで38メートルのイーグルダイブを実際にやった。ワイヤーもバンジー紐も使わず、フリー・フォールだった。彼があそこに上がる度に、ちょっと気分が悪くなった。彼にはともかく安全に降りて欲しいと思っていた」と振り返る。

監督は「本作は、スタジオを使って作らなかったから、手のかかる映画だった。我々が撮影をしたのは、自然要素が影響する外だった。撮影当日、ダミアンが本当にできるのかと不安に思ったよ。命の危険を感じた。彼がそれまでやったことが無い領域だからね。だが、本当にやった方が自然に見えると思う。もっとゾッとするし、リアルだ。ダミアンが8回のジャンプをやった時には、カメラ越しに不安を感じることができた」と自信の程を語る。

「キチガイだ!」とウォルターズが笑うイーグルダイブだけでなく「スタントの多くを我々は実際にやっている。99%は本当にやったことだ」と明かしていることからもわかるように、馬車のチェイスなどド派手なバトルも含め、全編にリアルなアクションが追求されている本作。かつてないミステリーアクションを目の当たりにすることになる!


映画『アサシン クリード』
2017年3月3日(金)全国ロードショー

◇監督:ジャスティン・カーゼル ◇出演:マイケル・ファスベンダー、マリオン・コティヤール、ジェレミー・アイアンズ
(C) 2016 Twentieth Century Fox and Ubisoft Motion Pictures. All Rights Reserved. 配給:20世紀フォックス映画

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

マイケル・ファスベンダー

生年月日1977年4月2日(41歳)
星座おひつじ座
出生地独・ハイデルベルク

マイケル・ファスベンダーの関連作品一覧

マリオン・コティヤール

生年月日1975年9月30日(42歳)
星座てんびん座
出生地パリ

マリオン・コティヤールの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST