M・ナイト・シャマラン最新作『スプリット』 アメリカでNo.1の大ヒットスタート!

 

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

1月20日より全米3,038館にて公開を迎えたM・ナイト・シャマラン監督の最新作『スプリット』が、オープニング3日間で全米興行収入4,019万ドル(約45.7億円=1ドル113.7円計算)を売り上げ、初登場No.1の大ヒットスタートを切った。

物語は、女子高校生3人組が、挙動不審の男に拉致されることから幕を開ける。密室に閉じ込められた3人は、やがてこの奇妙な男が“ひとり”ではないことを察知する。神経質で潔癖症の青年デニス。社交的で人懐っこいナイスガイのバリー。9歳の無邪気な少年ヘドウィグ。さらにはエレガントな女性パトリシア…。そう、彼は23もの人格を持つ、多重人格障害を抱える男だったのだ。そして、驚くべき24番目の人格の発覚が、彼女たちを絶望に陥れる―。

日本でも公開され大きな話題を呼んだ『ヴィジット』のスタッフを再招集して制作された本作は、同作の全米オープニング成績2,542万ドル(約28.9億円=1ドル113.7円計算)、そしてシャマラン監督の名を世界中に知らしめるきっかけとなった大ヒット作『シックス・センス』の全米オープニング成績2,668万ドル(約30.3億円=1ドル113.7円計算)<※1月23日時点、Box Office mojo調べ>を大きく上回る好スタートを切った。

また、スリラー映画ながら観客の男女比が48%:52%となっているほか、25歳未満の若年層が観客の52%を占めていることからは、シャマラン監督の人気が、新しい世代の映画ファンに引き継がれていることが伺える。まだまだ公開から日が浅いため、本作は今後も興行収入を伸ばしていくことだろう。

『スプリット』 全米興行成績 ※Box Office Mojo 調べ
全米オープニング 3 日間(1月20日~1月22日)40,190,000ドル


映画『スプリット』
2017年5月12日(金)全国公開

監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソンほか
2017年/アメリカ/英語/117分/原題:SPLIT/字幕翻訳:風間綾平
配給:東宝東和

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST