M・ナイト・シャマラン×ジェームズ・マカヴォイの衝撃スリラー『スプリット』 5月公開

 

(C)2017 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

M・ナイト・シャマラン監督がジェームズ・マカヴォイを主演に迎えて放つ衝撃のスリラー映画『スプリット』が、5月12日に日本公開することが決定。また、マカヴォイが劇中で24もの人格を持つ、多重人格障害の男に扮していることも明らかになった。

物語は、女子高校生3人組が、挙動不審の男に拉致されることからスタート。密室に閉じ込められた3人は、やがてこの奇妙な男が“ひとり”ではないことを察知する。神経質で潔癖症の青年デニス。社交的で人懐っこいナイスガイのバリー。9歳の無邪気な少年ヘドウィグ。さらにはエレガントな女性パトリシア…。そう、彼は23もの人格を持つ、多重人格障害を抱える男だったのだ。そして、驚くべき24番目の人格の発覚が、彼女たちを絶望に陥れる―。

『羊たちの沈黙』のハンニバル・レクターや、『ダークナイト』のジョーカーに匹敵する、新たなスーパー・ヴィランを演じたのは、『X-MEN』シリーズのような大作から、『つぐない』といった文芸作品まで、幅広いジャンルの作品に出演し、演技派として評価を高めてきたジェームズ・マカヴォイ。シャマラン監督の作品に初出演となる彼は、劇中で万華鏡のように演じるキャラクターを入れ替える、圧巻の演技を見せている。

プロデューサーのジェイソン・ブラムをはじめ、『ヴィジット』のスタッフが再集結した本作からは、シャマラン監督が『シックス・センス』『アンブレイカブル』『サイン』を発表した頃の“キレ”を取り戻したことがうかがえるという。女子高生3人vs 23+1人”の攻防は、ありきたりなジャンルの型にはめられることなく、その緊張感は見る者の内面に侵食し、脳を、内臓を揺さぶり、シャマラン監督史上、最も衝撃的なラストを導く…。果たして、女子高生たちは逃げ切れるのか?その真相は、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『スプリット』
2017年5月12日(金)全国公開

監督・製作・脚本:M・ナイト・シャマラン
製作:ジェイソン・ブラムほか
出演:ジェームズ・マカヴォイ、アニヤ・テイラー=ジョイ、ベティ・バックリー、ジェシカ・スーラ、ヘイリー・ルー・リチャードソンほか
2017年/アメリカ/英語/117分/原題:SPLIT/字幕翻訳:風間綾平
配給:東宝東和

フォトギャラリー

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST