「スター・ウォーズ」エピソード8の邦題は『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に決定!その意味とは?

最後のジェダイ

(C)2017 Lucasfilm Ltd. All Rights Reserved.

12月15日(金)公開の『STAR WARS: THE LAST JEDI(原題)』の邦題が『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』に決定した!

ライアン監督「核心にせまることになる」

全世界を熱狂の渦に巻き込んだ『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のその後を描く本作。引き続き、レイ、BB-8、カイロ・レンなど新たな人気キャラクターとレイア、C-3POなどのレジェンドキャラクターも登場! さらに前作のラストカットに登場し一言も発さずに観客に強烈なインパクトを残したルーク・スカイウォーカーの存在は多くの憶測を呼んだ。

”最後のジェダイ"はルークを指すのか、もしくはフォースに目覚めたレイを指すのか、「SW」において悪を象徴する赤いロゴの意味は? など、様々な憶測を呼んでいるが、本作の監督を務めたライアン・ジョンソンは「『フォースの覚醒』は大冒険でキャラクターを紹介した作品。『最後のジェダイ』はキャラクターを掘り下げ、核心に迫ることになる」と、前作の謎が明らかになることをコメントしている。

本作のプロデューサーのキャスリーン・ケネディはライアン監督について「撮影中のライアンをみているとスティーヴン・スピルバーグと重なることがあります。ドラマ構築・ユーモアセンス・カメラワークなど凄い感性の持ち主なので、みなさん楽しみして大丈夫です!」と太鼓判を押している。


『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』
12月15日(金) 全国公開

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

スター・ウォーズ/フォースの覚醒

出演者 ハリソン・フォード  キャリー・フィッシャー  アダム・ドライヴァー  デイジー・リドリー  ジョン・ボイエガ  オスカー・アイザック  ルピタ・ニョンゴ  アンディ・サーキス  ドーナル・グリーソン  グウェンドリン・クリスティー
監督 J・J・エイブラムス
製作総指揮 トミー・ハーパー  ジェイソン・マクガトリン
脚本 ローレンス・カスダン  J・J・エイブラムス  マイケル・アーント
音楽 ウィリアムズ(ジョン)
概要 映画史に燦然と輝くSF映画の金字塔「スター・ウォーズ」シリーズが、監督に「スター・トレック」のJ・J・エイブラムスを迎え、新たなる3部作の幕開けとして贈る全世界待望のSF超大作。「スター・ウォーズ エピソードVI/ジェダイの帰還」からおよそ30年後を舞台に、家族を待ち続ける孤独な女性レイと、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィンとの出会いが導く壮大な冒険の始まりを描く。出演はヒロインのレイ役に新人デイジー・リドリー、フィン役に「アタック・ザ・ブロック」のジョン・ボイエガ。そのほかアダム・ドライバー、オスカー・アイザックら新参加組に加え、ハリソン・フォード、マーク・ハミル、キャリー・フィッシャーはじめ旧シリーズの伝説的キャラクターを演じたキャストたちも豪華に再登場。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ハリソン・フォード

生年月日1942年7月13日(76歳)
星座かに座
出生地米・イリノイ

ハリソン・フォードの関連作品一覧

キャリー・フィッシャー

生年月日1956年10月21日(60歳)
星座てんびん座
出生地ロサンゼルス

キャリー・フィッシャーの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST