美しすぎる少年がドラム披露!映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』の本編動画解禁!

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.

ジェイク・ギレンホール主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』が2017年2月18日(土)より公開。メガホンを取ったのは、『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』などで知られる、ジャン=マルク・ヴァレ監督。このたび、共演の“美しすぎる少年”ジューダ・ルイスがアドリブでドラムを披露する本編映像が解禁となった。

役作りが生み出した、奇跡のシーン

『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホール。本作では妻を亡くしたのに涙の一滴すら流せず、自らの感情とうまく向き合えない哀しみと虚しさを、繊細な演技で見事に表現し話題を呼んでいる。そんなジェイクが劇中で心を溶かしていく少年・クリスを演じたのは、新鋭・ジューダ・ルイス。存在感と演技力はもちろん、端正な顔立ち、クールな瞳、美しすぎるルックスに早くも熱視線が集まっており、マスコミ・一般試写会でも絶賛の声が絶えない。

今回解禁となった映像では、ジューダ・ルイスが即興で演奏してたというドラムシーンや、ジェイク・ギレンホール演じるデイヴィスとふざけあいながら、彼から身をもって“人生の痛み”を教えられるシーンが映し出される。

最後のシーンで映し出される、クリスが叩くドラムの音に合わせて、デイヴィスが踊るシーン。これはなんと即興で生まれていた。10歳からドラムをしていたジューダは役作りをする中で、音楽を日ごろから聞いており、演奏も記憶。ガレージにドラムがあったので即興で叩き、それにジェイクが踊りだして、それが本編にも使われた。まさに奇跡のコラボ映像だ!

ブレイク間違いなし!ジェイク、プロデューサーともに大絶賛!

物語において重要な役を担うジューダ演じるクリスのキャスティングに関して、プロデューサーのモリー・スミスは「ニューヨークで大規模なオーディションをして、ジャン=マルク・ヴァレ監督は大勢の子供たちを見たわ。でもジューダは(オーディションの)映像テープの中から見つけたの。彼は映像の中で輝いていて、若い頃のレオナルド・ディカプリオを思い出したわ。彼にはスターの素質があるわ。それに美しい顔立ちとスピリットを持っている。あの若さでもう十分才能が見えたのよ」と語った。

ジェイクはルイスに関して、「彼は、ああいった風に大胆だし、自信を持って現場に入ってくるので、セットでの僕は慰められたりした。そして彼の演技は美しい」と絶賛し、また、ジャン=マルク・ヴァレ監督は、「ジューダ・ルイスはあの役で“化けた”ね。あの子はロックスターなんだ。才能があって、まだ若い。そしてとても自然体だ」と太鼓判を押した。


映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
2月18日(土)より、新宿シネマカリテ他全国ロードショー!

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)
原題:Demoliton
出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー他
上映時間:101分 PG12

ナイトクローラー

ナイトクローラー

出演者 ジェイク・ギレンホール  レネ・ルッソ  リズ・アーメッド  ビル・パクストン  アン・キューザック  ケヴィン・ラーム  エリック・ラング  ジョニー・コイン  マイケル・ハイアット  マイケル・パパジョン
監督 ダン・ギルロイ
製作総指揮 ゲイリー・マイケル・ウォルターズ  ベッツィー・ダンバリー
脚本 ダン・ギルロイ
音楽 ジェームズ・ニュートン・ハワード
概要 「ブロークバック・マウンテン」のジェイク・ギレンホールが、刺激的なスクープ映像を求めるあまりモラルのタガが外れていくフリーランスのニュース・カメラマン役で鬼気迫る怪演を披露し、高い評価を受けたサスペンス・ドラマ。監督は「ボーン・レガシー」などの脚本を手がけ、本作が監督デビューのダン・ギルロイ。ロサンゼルスで定職もなくその日暮らしの日々を送る孤独な中年男ルイス・ブルーム。ある日、偶然通りかかった事故現場で、ニュース映像専門のパパラッチ、通称“ナイトクローラー”と遭遇する。事件、事故の悲惨な映像がテレビ局に売れると知り、さっそくビデオカメラと無線傍受器を手に入れると、見よう見まねでナイトクローラーとしての活動を開始するルイスだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST