R-15の問題作『ハンティング・パーク』衝撃の予告・ポスター・場面写真が一挙解禁!

 

(C)2016 DESERT PLAYGROUND, ALL RIGHTS RESERVED.

海外ドラマ『ウォーキング・デッド』シリーズのヒットメーカーが仕掛ける衝撃作で、2月4日に日本公開を迎える映画『ハンティング・パーク』から、衝撃の予告・ポスター・場面写真が一挙に解禁。1978年にカリフォルニアで実際に起きた、狂気の未解決事件を描く本作のストーリーが、一部明らかになった。

予告編に映し出されるのは、謎の男に連れ去られ、周囲を鉄柵で覆われた山奥の広大な敷地内に閉じ込められたビビアンの姿。なんとこの公園は、殺人トラップが仕掛けられた恐怖の虐殺公園だった。犯人はガスマスクを被り、人間を拉致しては、狩り場に閉じ込めて殺人ゲームを楽しむ。それもただ殺すのではなく、ターゲットをじっくりと観察しその人にふさわしい方法で虐殺するのだ。落とし穴の刑。縛り付けの刑。ネズミ捕りの刑。人々がガスマスク殺人鬼に一気に虐殺される状況の中、逃げ惑うビビアンは、さらに恐ろしい光景を目にしてしまう…。

>

注目の脚本を生み出し、自ら監督も務めたのは、新鋭ミッキー・キーティング。まったく無名だった彼の才能を発掘し、映画化を全面支援したのは、全米No.1の視聴率を誇る大人気ドラマ『ウォーキング・デッド』などで知られる敏腕プロデューサー:ジェレミー・アイエロだ。

強烈な予告編もさることながら、『13 日の金曜日』シリーズのジェイソンを彷彿とさせる、ガスマスク姿の殺人鬼の姿を大写しにしたビジュアルもインパクト大。新たなスリラー・キャラクターの登場に、期待が高まる。


映画『ハンティング・パーク』
2017年2月4日(土)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか順次公開!

音楽:ジオナ・オスティネリ
出演:アシュリー・ベル/パット・ヒーリー/ジェームス・エイバート/グラハム・スキッパー/ハンバート・ブストー/アルベルト・エストレヤ
原題:Carnage Park/アメリカ/英語/カラー/81分/字幕翻訳:町野健二
配給:AMGエンタテインメント (C)2016 DESERT PLAYGROUND, ALL RIGHTS RESERVED.

このタグがついた記事をもっと見る

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST