Google Earthが起こした驚愕の実話! 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』 本予告解禁

 

(C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

5歳から25年間迷子だった男が、Google Earthを駆使して生まれ故郷を探した――。この現代のおとぎ話のような驚愕の実話を、『英国王のスピーチ』の製作陣と、デヴ・パテルルーニー・マーラニコール・キッドマンら豪華俳優陣で描く、ギャガ配給作品 『LION/ライオン ~25年目のただいま~』の本予告が完成した。

第89回アカデミー賞にて作品賞、助演男優賞(パテル)、助演女優賞(キッドマン)、撮影賞、脚色賞、作曲賞の計6部門にてノミネートされ、ている本作。解禁された本予告には、オーストラリアとインドという2つの国を舞台とし、25年間迷子だった男が、過去と未来を行き来しながら自分の故郷を探す驚愕のドラマの一部が映し出されている。

主人公のサルー(デヴ・パテル)は、オーストラリアで養父母と幸せに暮らしていたが、実は彼には秘密があった。25年前にインドで迷子になって以来離ればなれになった、実の兄と母をずっと忘れられずにいたのだ。ある時、サルーは一つの考えにたどり着く。「Google Earthなら世界中どこでも探せる、列車の距離が分かれば距離が割り出せて故郷を探せるかもしれない」

わずかな記憶とGoogle Earthを頼りに、生まれ故郷を探し始めるサルー。幼いサルーがインドのスラム街で懸命に生き抜こうとする姿と、大人になりオーストラリアの地で自分のルーツを必死に求め続ける姿が次第に重なり、予告編の最後では2人のサルーが、共に何かを見つけ出す姿が収められている。果たして、サルーは自分の故郷を探し出すことができたのか?気になる結末は、ぜひ劇場で確かめてほしい。


映画『LION/ライオン ~25年目のただいま~』
4月7日(金) TOHOシネマズ みゆき座他全国ロードショー

製作:イアン・カニング『英国王のスピーチ』 / 監督:ガース・デイヴィス
出演:デヴ・パテル『スラムドッグ$ミリオネア』/ルーニー・マーラ『キャロル』/
ニコール・キッドマン『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』/デヴィッド・ウェンハム 『オーストラリア』
配給:ギャガ 提供:ギャガ、テレビ東京 (C)2016 Long Way Home Holdings Pty Ltd and Screen Australia

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ニコール・キッドマン

生年月日1968年6月20日(50歳)
星座ふたご座
出生地ハワイ

ニコール・キッドマンの関連作品一覧

ルーニー・マーラ

生年月日1985年4月17日(33歳)
星座おひつじ座
出生地米・ニューヨーク

ルーニー・マーラの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST