映画「一週間フレンズ。」公開直前! スペシャルトークショーに川口春奈&上杉柊平が登壇

川口春奈と上杉柊平

川口春奈と上杉柊平

シリーズ累計170万部を突破し、アニメ化、舞台化もされた葉月抹茶の同名コミック「一週間フレンズ。」。1000万人が泣いた、今世紀いちばん泣ける純愛(ピュアラブ)ストーリーがついに、2017年2月18日(土)より全国公開となる。

本作は、毎週月曜日になると友達のことを忘れてしまう少女・藤宮香織と、初めて彼女に会った日から惹かれ、何度忘れられても思い切って「友達になってください」と思いを伝え続けるクラスメート・長谷祐樹が織りなす切なくも淡い恋物語。

映画の公開に先駆けて、2月2日(木)名古屋にて先行有料上映会とスペシャルトークショーが行われた。本作で主演・藤宮香織役を務めた川口と、物語の重要なカギを握る香織の中学時代の同級生・九条一を演じた上杉が登壇し、作品に込めた想いや撮影秘話などを語った。

川口は「一週間で友達との記憶をなくしてしまう」という難しい役どころについて、「過去に傷ついたことがあっても、自分と戦って、前を向いて、一人の人間として成長していく姿を見せられたらいいな、見せなければいけないな、と思っていました。繊細な表情の変化などから意識して演じていました。」とコメント。一方、上杉も「主人公・香織の過去を知る中学時代の同級生」という役どころには苦労されたようで、「『転校生』という普通にしていても目立つ立場で、自分一人が他の人とは違う事情の上にいて、自分の世界を完成させた状態で演じるというところで結構悩みました。」と続いた。

話題は撮影中のエピソードへと移り、同世代の多かった撮影現場の雰囲気について、ふたりは口をそろえて「楽しかったですね」と笑みをこぼしていた。川口は「いろんな話をしました」と言うと、上杉も「『どんな話』っていうのは無く、本当に学校の放課後でするような、他愛のない話をしてました」と、学生時代をそのまま画面に映したような現場だったことを振り返った。

そしてここで、今日だけのスペシャルな企画が発表。間もなくバレンタインも近いということで、なんと来場の観客の中から抽選で2名の方に川口、上杉それぞれから『恋が実るチョコレート』のプレゼントされた。また、素敵なサプライズを用意してくれた2人にもプレゼントが。名古屋三越栄店とラシックより、映画の成功を祈願した“大ヒット!「一週間フレンズ。」特製チョコレートケーキ”が贈られると、そのケーキの大きさに2人とも驚いた様子。

チョコを手渡し

チョコを手渡し

最後に上杉は、「本当にどなたが観ても、誰と観ても楽しめる映画となっております。皆さんにいろんな角度から見て楽しんでいただきたいですし、大切な人と観に行っていただきたいと思っています。」とコメント。川口も「公開まであと2週間くらいあるのですが、本当に皆さんに観ていただきたい作品となっています。どうぞよろしくお願いいたします。」とコメントし、映画をPRした。


映画『一週間フレンズ。』
2017年2月18日(土)公開

監督:村上正典
​脚本:泉澤陽子
原作:葉月抹茶「一週間フレンズ。」(ガンガンコミックスJOKER/スクウェア・エニックス刊)
主演:川口春奈・山﨑賢人
配給:松竹株式会社

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

川口春奈

生年月日1995年2月10日(23歳)
星座みずがめ座
出生地長崎県

川口春奈の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST