“顔出し無し”のデビューのキーマンは“父親” 『キセキ ―あの日のソビト―』場面写真解禁

(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

(C)2017「キセキ ーあの日のソビトー」製作委員会

GReeeeNの名曲「キセキ」誕生にまつわる軌跡と奇跡を、松坂桃李&菅田将暉のダブル主演で描く輝石の物語、映画「キセキ -あの日のソビト-」が全国大ヒット上映中。今回、緊張感張りつめるジン(松坂桃李)とヒデ(菅田将暉)の父親との対決シーンの場面写真が解禁となった。

厳格な父と優しい母のもとに生まれたジンとヒデの兄弟。メタルバンド「ハイスピード」としてメジャーデビューを目指し、音楽で生きていくことを決意したジンは、音楽を一切認めない父・誠一と衝突し家を出る。医師の誠一は、息子たちにも人を助ける仕事に就いてほしいと願い、ヒデはその望みに報いようと努力するが、仲間と音楽の魅力に純粋に引き寄せられていく。両親の期待には応えたいし、父が音楽活動を許すはずもない。でも自分の夢も叶えたい。ジンがヒデの思いと自身の願いを実現させるために考え出した秘策、それがメンバーの顔出し一切NGでCDをリリースすることだった。“顔出し無し”は歯医者との両立のため、そして怖い父親対策だったのだ。

劇中には、父・誠一が、ジンを殴る、ジンに掴みかかるのを母親が割って入って止める、さらには日本刀を手にするなど、まさに恐ろしい修羅場もあり、松坂は「小林さんがスタンバイしているセットに行くのは異空間に入っていくような不思議な感覚で(笑)、“ここから先は覚悟して本気でいけよ”と気が引き締まりました。」と振り返った。ジンとヒデがそれぞれ父親と一対一で話すシーンは、いつもふたりとも正座をしている。驚くことに、これは台本にも書かれておらず、松坂と菅田が打ち合わせたわけでもない。松坂も、「後で(菅田の正座しているシーンを観て)驚きました。僕も菅田も小林さんの威厳のある父親感に圧倒されたのかもしれません。」と語り、「ふたりがあらためて兄弟なんだと実感できました」とつけ加えた。

父親役の小林薫は、「息子たちから見た父親は怖い人だったかもしれないけど、昭和的な男は「人生は厳しいもんだ」というところで生きているから、他人に対しても厳しく接さざるを得ないんだと思う。そういう一面も感じてもらえたらいいですね」。そんな父親と対照的に、天性の明るさで一家を温かく照らす母親は、麻生祐未が演じている。妻として夫の考えを尊重しつつ、音楽の道を進むふたりの息子を優しく見守る。

父親はふたりにとって大きく立ちはだかる壁に違いないが、「ジンは、「親に認めてもらいたい」という思いもあったのかなと思います。」と松坂は自分自身に重ねる。俳優業に反対した父親と喧嘩して家を出たという似た経験を持つ松坂は、映画の中のジンと父親のやり取りを観て、あらためて、自分が親に認められたい気持ちをずっと持っていたことに気づかされたそうだ。菅田は、「二兎を追うものが二兎を得てしまったすごい人たちの話。でも本当にすごいのは、それが両親のことを一番に考えた選択ということ。僕はそこに、希望を感じました。」とコメント。医師としてたくさんの命を助けるためにがんばっている父を尊敬するが、やはり怖い。それでも夢を叶えるために、父と真摯に緊張感を持って対峙する場面がたびたび登場する。“顔出し無し”でデビューした息子たちに果たして父は?親子関係の変化がどのように描かれるかも注目だ。

(C)2017「キセキ ―あの日のソビト―」製作委員会

(C)2017「キセキ ―あの日のソビト―」製作委員会


映画『キセキ ―あの日のソビト―』
公開中

出演:松坂桃李、菅田将暉、忽那汐里、平祐奈、横浜流星、成田凌、杉野遥亮、早織、奥野瑛太、野間口徹/麻生祐未、小林薫
監督:兼重淳
脚本:斉藤ひろし
配給:東映
製作プロダクション:JOKER FILMS

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松坂桃李

生年月日1988年10月17日(29歳)
星座てんびん座
出生地神奈川県茅ヶ崎市

松坂桃李の関連作品一覧

菅田将暉

生年月日1993年2月21日(25歳)
星座うお座
出生地大阪府大阪市

菅田将暉の関連作品一覧

横浜流星

生年月日1996年9月16日(21歳)
星座おとめ座
出生地神奈川県

横浜流星の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST