【『ドクター・ストレンジ』が大ヒット中!】「北欧の至宝」マッツ・ミケルセンの魅力を堪能できるおすすめ映画4本

(C)2017MARVEL

(C)2017MARVEL

デンマーク出身で「北欧の至宝」と称されるマッツ・ミケルセンは、ハリウッドで最も成功を収めているデンマーク人俳優であると同時に、ゼロ年代以降の映画界において最も魅力的な俳優の一人でもある。もとより渋いおじさまキャラとして世界中の女性から高い支持を得ているミケルセンだが、ベネディクト・カンバーバッチ演じる主人公と対峙する悪の魔術師を演じたマーベル・スタジオ最新作『ドクター・ストレンジ』が絶賛公開中ということで、新たなファンも増えたのではないだろうか。そこで今回は、過去の出演作の中からおすすめ4本をピックアップし、作品の魅力やミケルセンの役どころを紹介する。

『007』シリーズ最高の名悪役! 『007/カジノロワイヤル』

凄腕のスパイ「007」の活躍を描く、ハリウッドでも屈指の人気フランチャイズ『007』の第21作。ダニエル・クレイグがピアース・ブロスナンから007ことジェームズ・ボンド役を受け継いだ本作は、パルクールを取り入れたアクションや入り組んだストーリーが好評を博したシリーズ屈指の人気作だ。ミケルセンが演じたのは、ボンドと対決する悪役で、最強のポーカー・プレーヤーであるル・シッフル。『007』シリーズには名悪役がつきものだが、ミケルセンの感情を削いだ演技によって具現化されたル・シッフルは、50年以上の歴史を誇る同シリーズでも屈指のヴィランとして完成されている。金のためには手段を選ばないという拝金主義的な思想、そして血の涙が出てしまうといういかにも悪役っぽい設定には、思わずゾクゾクしてしまう。ボンドとのポーカー対決、そしてあれやこれやの手でボンドを拷問する姿に注目してほしい。

裏切り者への怒りを燃やす暗殺者『誰がため』

第二次大戦期にナチス・ドイツの占領を受けていたデンマークを舞台に、ナチスの協力者を秘密裏に暗殺した地下抵抗組織のメンバー「フラメンとシトロン」を、実話に基づいて描いた作品。アクションを交えたサスペンスだが、ターゲットが本当に裏切り者なのか?という疑問に端を発す暗殺への逡巡や、深みのある家族のドラマも描かれており、バランスの取れた歴史ドラマとしておすすめの一本だ。ミケルセンは、トゥーレ・リントハートふんするフラメンの相棒であるシトロンを、冷徹さと哀愁を共存させながら演じている。終盤にかけて、家族に見放され、ナチスに追い詰められていくものの、母国のためにひたすらフラメンと戦い続けるシトロンの姿には胸を打たれる。ミケルセンが出演している映画でも、本作は一番泣ける作品と言えるかもしれない。

予期せぬ裏切りに苦しむ中年男の悲哀 『偽りなき者』

暗い映画を撮ることで知られるトマス・ヴィンターベア監督とタッグを組んだ本作は、ミケルセンの出演作品でも最もへヴィなインパクトを残す一本だ。ミケルセンふんする幼稚園教師のルーカスは、彼に好意を寄せる幼女・クララ(アニカ・ヴィタコプ)による「悪戯された」という嘘がきっかけとなり、町中から白い眼を向けられるようになってしまう。クララの嘘を疑うことなく、ルーカスに冷淡な目を向ける人々の疑心。トマス・ボー・ラーセン演じる息子とルーカスの間に存在し続ける信頼。相反する二つの要素が絡まりあって展開する人間ドラマは、直視するのも嫌になるほど陰鬱だ。ミケルセンが涙を見せながら体現する「偽りなき者」の悲哀には胸が痛くなるが、これがあるからこそ、ラストに示される一握の希望は見る者の胸に響く。

娘を守るために悪に組した悲劇の英雄 『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』

『ドクター・ストレンジ』と共に現在も大ヒットを飛ばす『スター・ウォーズ』シリーズ最新作。ミケルセンが演じるのは、フェリシティ・ジョーンズふんする主人公ジン・アーソの父で、帝国軍の秘密兵器「デス・スター」の設計を手掛けた科学者ゲイレン・アーソだ。オープニングで少女時代のジンと見せる別れのシーンはもちろん、中盤におけるジンとのドラマティックな再会、そして悲しい離別には胸が熱くなること必至。『ドクター・ストレンジ』でミケルセンが演じたカエシリウスは、キャラクターの背景が明かされなかったことによって、単なる「狂人」として印象付けられてしまったきらいがあった。しかし本作のゲイレンは、厚みのある脚本とミケルセンの好演によって、ジンや妻との関係性、そして彼が彼女たちに対して抱く思いがしっかりと掘り下げられており、「愛する者を守ろうとして悪の側に身を置いた父親」として魅力的に描かれている。

(文:岸豊)


映画『ドクター・ストレンジ』
公開中

原題:Doctor Strange
監督:スコット・デリクソン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/レイチェル・マクアダムス 他
全米公開:2016 年11月4日
配給:ウォルト・ディズニー・スタジオ・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ダニエル・クレイグ

生年月日1968年3月2日(50歳)
星座うお座
出生地英・イングランド・チェシャー

ダニエル・クレイグの関連作品一覧

トゥーレ・リントハート

生年月日1974年12月24日(43歳)
星座やぎ座
出生地デンマーク

トゥーレ・リントハートの関連作品一覧

マッツ・ミケルセン

生年月日1965年11月22日(52歳)
星座さそり座
出生地デンマーク・コペンハーゲン

マッツ・ミケルセンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST