【金曜ロードショー】ディズニー名作『塔の上のラプンツェル』が3月10日放送!

日本テレビ系列「金曜ロードSHOW!」では、3月10日(金)にディズニー映画『塔の上のラプンツェル』が放映されることが決定した! ディズニー作品でも根強い人気を誇る本作のネット上で話題の見どころは?

これまでにないプリンス像と、名曲揃いの劇中歌!

【あらすじ】
驚くほど長い魔法の髪を持つ少女ラプンツェル。深い森に囲まれた高い塔の上に住む彼女は、母親の教えに従い、18年もの間一度も外の世界を知ることなく生きてきた。しかし、いつか必ず外の世界へ出ることを夢見ていた。そんな彼女の18歳の誕生日前日、大泥棒のフリンが塔に忍び込んできた。それを魔法の髪で捕まえたラプンツェルは、フリンを説得して一緒に塔の外へと飛び出していくのだが…。

ディズニー長編アニメーションの記念すべき第50作目となる本作。髪長姫の名でも知られるグリム童話を映画化した作品だ。数多くあるディズニーアニメ映画の中でも、根強い人気を誇る本作。映画レビューアプリ「Filmarks」でも3.9点/5点満点(※2月21日時点)の高評価を記録している。レビューでは、ストーリーや映像の美しさへのコメントも多い中、

・ザお姫様な感じじゃないところが私的にはツボ(にこ)
・ディズニーのこれまでのプリンセスとは一味も二味も違う(soramame)
・アナ雪より主人公に好感。アクションアドベンチャー感ある。(km)

主人公・ラプンツェルの溌剌としたキャラクターのレビューが多く見受けられた。これまでにないプリンス像も大きな魅力の一つだ。

さらに、本作を彩る劇中歌にも注目!

・I see the light のシーンがとても好き(かのん)
・曲が好き I see the lightとか(Nanami)

中でも、I See the Light(輝く未来)は、第83回アカデミー賞で歌曲賞にもノミネートされた名曲。実写『美女と野獣』、アニメ『モアナと伝説の海』でも注目を集めるディズニーの魅力的な楽曲。本作の劇中歌も必聴だ。

日本語吹替え版では、ラプンツェルを中川翔子、大泥棒フリンを畠中洋、スダビントン兄弟を飯島肇が担当。ぜひ、お見逃しなく。

関連記事>「金ロー『塔の上のラプンツェル』絶対に聞き逃せない名曲3選!民族音楽から洗脳ソングも!?」

(文・nony)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

中川翔子

生年月日1985年5月5日(33歳)
星座おうし座
出生地東京都

中川翔子の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST