新作映画『クリミナル 2人の記憶を持つ男』を観るべき3つの理由――時限サスペンスに深いテーマ性を“移植”した痛快作

(C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

(C)2015 CRIMINAL PRODUCTIONS, INC. All Rights Reserved.

『クリミナル 2人の記憶を持つ男』ってどんな映画?

極秘任務の最中に非業の死をとげたCIAロンドン支局のエージェント、ビリー。彼は米軍の核ミサイルをも遠隔操作できる恐るべきプログラムを開発したハッカー“ダッチマン”の居場所を知る唯一の人物だった。世界の危機を救おうと、上司が選んだのはビリーの記憶を他人の脳内に移植するという禁断の脳手術…。その移植相手として、白羽の矢が立った死刑囚ジェリコは、脳内の2人の記憶に翻ろうされながら、テロリストの戦いに身を投じることに。

観るべき理由:1――『ジェイソン・ボーン』とは真逆だけど…

他人の記憶を移植された極悪人が、世界を救うという斬新なアイデアが特徴になっている本作。サスペンスアクションとしての魅力に加えて、1人の男が体験する数奇な「自分探しのドラマ」を通して、人間性の本質を問いかけるエモーショナルな一作に仕上がっている。時限サスペンスに深いテーマ性を“移植”した痛快作だ。

また、移植された記憶がおよそ48時間で消滅してしまうというタイムリミットも、緊張感たっぷりで効果的。記憶喪失から始まり、結果的には同じアイデンティティの模索を描く『ジェイソン・ボーン』シリーズと比較してみるのも面白いはずだ。

観るべき理由:2――『JFK』以来、25年ぶりに顔を揃えた3人の“いぶし銀”俳優

主演を務めるのは、ハリウッドを代表するスター俳優で、映画監督としてオスカー像も手にしたケヴィン・コスナー。最近では『マン・オブ・スティール』で演じたスーパーマンの育ての親や、『エージェント・ライアン』の上官役などで、若い映画ファンにも知られる存在だ。本作では「幼少期に受けた脳の損傷によって、罪悪感を失った死刑囚」「愛国心と正義感、家族への愛にあふれるCIA局員」という2人の記憶を持つゆえの、引き裂かれる葛藤を演じるという、ベテラン俳優ならではの離れ業を披露している。

そんな主人公を操るCIAロンドン支局長役にゲイリー・オールドマン、記憶の移植手術を行う脳外科医役にトミー・リー・ジョーンズと、ゲキ渋なキャスティングが実現。この3人の“いぶし銀”俳優が顔を揃えるのは、オリバー・ストーン監督『JFK』以来、なんと25年ぶり!

観るべき理由:3――デッドプールとワンダーウーマンが夫婦に?

メガホンをとるアリエル・ブロメンは、2013年に日本で公開された『THE ICEMAN 氷の処刑人』で鮮烈な印象を残したイスラエル系アメリカ人監督。同作は「心優しき家庭人」「冷酷な殺人者」という2つの顔をもった実在の暗殺者を描いた犯罪映画で、最新作『クリミナル 2人の記憶を持つ男』と共通したテーマが見て取れる。記憶の移植、という一歩間違えれば安っぽい近未来SFになりがちな題材に対し、あくまでリアリティを追求するアプローチで迫り、アクション描写のうまさも発揮している。

ちなみに任務中に命を落とすCIA局員、ビリー役に『デッドプール』ライアン・レイノルズ。その妻を8月公開の『ワンダーウーマン』に主演するガル・ガドットが演じている。

(文:内田涼)


『クリミナル 2人の記憶を持つ男』
2017年2月25日(土) 新宿バルト9他、全国ロードショー

監督:アリエル・ヴロメン『THE ICEMAN 氷の処刑人』
脚本:ダグラス・S・クック、デヴィッド・ワイズバーグ『ザ・ロック』
出演:ケヴィン・コスナー、ゲイリー・オールドマン、トミー・リー・ジョーンズ、ガル・ガドット、ライアン・レイノルズ
配給:KADOKAWA

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

トミー・リー・ジョーンズ

生年月日1946年9月15日(71歳)
星座おとめ座
出生地

トミー・リー・ジョーンズの関連作品一覧

ゲイリー・オールドマン

生年月日1958年3月21日(60歳)
星座おひつじ座
出生地ロンドン

ゲイリー・オールドマンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST