【第89回アカデミー賞】『ラ・ラ・ランド』と併せて観たい!ミュージカル映画の名作4選

 

Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate.
(C) 2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

アカデミー賞で作品賞を含む最多14のノミネートを獲得した、話題のミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』。絶滅の危機に瀕しているミュージカル映画のすばらしさを改めて教えてくれた同作は、往年の名作と併せて見ることによって、より面白味が深まっていく。そこで今回は、『ラ・ラ・ランド』と併せて見たい、ミュージカル映画の名作を4本ピックアップ。同作に与えた影響とともに、見どころを紹介する。

あらゆるミュージカルに多大な影響を与えてきた金字塔『トップ・ハット』

フレッド・アステア演じるダンス・スターと、ジンジャー・ロジャースふんするアメリカ人モデルが織りなすロマンスを描く本作は、あらゆるミュージカル映画に影響を与えてきた金字塔的作品。ウディ・アレン監督の『カイロの紫のバラ』や、フランク・ダラボン監督の『グリーンマイル』の劇中に映し出されていることでも有名だ。特筆すべきは、主演のアステアが見せる華麗なダンス。ほとんどが長回しで撮影されており、映像からはいかにアステアが優れた踊り手であるかがよく分かる。アステアとロジャースが夜の公園で踊るシーンは、それだけで『ラ・ラ・ランド』への影響を感じさせるが、タップを織り交ぜたクラシカルな振り付けにも通じるものがある。勘違いによって二転三転し、見る者を引き込んで離さないストーリーも優秀。代表曲「Cheek to Cheek」は誰しも一度は聞いたことがあるだろうし、本作を見れば耳から離れなくなるはずだ。

悲劇系ミュージカルの最高峰 『シェルブールの雨傘』

フランスにおけるミュージカル映画の巨匠ジャック・ドゥミ監督が手掛けた、悲劇系ミュージカルの代表的存在。劇中では、ヒロインのジュヌヴィエーヴ(カトリーヌ・ドヌーヴ)と恋人のギィ(ニーノ・カステルヌオーヴォ)が織りなす悲しいロマンスが描かれる。戦争や経済的な問題を核とする現実的なストーリーと、非現実的な物語の形式であるミュージカルが見事な調和を見せる本作では、青を中心とするカラフルな色遣いの画面や、セリフがすべて歌という構成が、今日においても斬新な印象を与える。物語が四季に分けられている点、そして劇的な「再会」を描くラストシーンからは、後述する『ロシュフォールの恋人たち』同様に、『ラ・ラ・ランド』へ影響を与えていることは明らかだ。

群像劇で描く「望むものを追うことの大切さ」 『ロシュフォールの恋人たち』

ジャック・ドゥミ監督が手掛けた、『シェルブールの雨傘』と対をなす喜劇系ミュージカルの代表的存在。いきなりダンスシーンを組み込み、カラフルな衣装で観客を引き込むオープニングの構造は『ラ・ラ・ランド』とそっくり。アンサンブルキャストに歌い上げられる「キャラバンの到着」や、姉妹役で共演しているカトリーヌ・ドヌーヴとフランソワーズ・ドルレアックが歌う「双子姉妹の歌」は、聞いたことがない人にも、どこかで聞いたことがあるかのような懐かしさを感じさせる超良曲。『シェルブールの雨傘』に続いて音楽を手掛けたミシェル・ルグランの才能には、本当に脱帽するほかない。登場人物それぞれのドラマが描かれ、これが予期せぬ形で繋がることによって、ドラマティックな人間模様が展開されていく形式も最高。仕事や忘れられない恋など、目標に向かってひたむきに頑張ることの尊さを歌い上げるラストには、元気をもらえること請け合いだ。

ウディ・アレンのセンス爆発!『世界中がアイ・ラヴ・ユー』

コメディの巨匠ウディ・アレン監督が、主演を兼任し、アラン・アルダ、ドリュー・バリモア、ゴールディ・ホーン、エドワード・ノートン、ナタリー・ポートマン、ジュリア・ロバーツ、ティム・ロスら超豪華キャストを迎えた、ゼロ年代最高のミュージカル映画の一本。お金持ちなボブ&ステフィ夫妻、そして彼らの子供達が世界を股にかけて織りなす恋愛模様は、ユーモラスでロマンティック。アレン監督らしいカメラワークで映し出される、ニューヨーク、パリ、ヴェネチアの美しい街並みも見逃せない。『ラ・ラ・ランド』との関係性だが、あるシーンでボブとステフィが見せるダンスが、同作に直接的な影響を与えていることは明白だ。個人的には、歌を歌うイメージがないノートンの歌声に痺れた。

(文:岸豊)


映画『ラ・ラ・ランド』
公開中

監督・脚本:デイミアン・チャゼル『セッション』
出演:ライアン・ゴズリング『ドライヴ』、エマ・ストーン『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』、J・K・シモンズ『セッション』
提供:ポニーキャニオン/ギャガ
配給:ギャガ/ポニーキャニオン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

フレッド・アステア

生年月日1899年5月10日(88歳)
星座おうし座
出生地米・ネブラスカ

フレッド・アステアの関連作品一覧

カトリーヌ・ドヌーヴ

生年月日1943年10月22日(74歳)
星座てんびん座
出生地パリ

カトリーヌ・ドヌーヴの関連作品一覧

ジュリア・ロバーツ

生年月日1967年10月25日(50歳)
星座さそり座
出生地

ジュリア・ロバーツの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST