映画『SING/シング』スキマスイッチ大橋の歌唱シーン解禁!

 

(C)Universal Studios.

3月17日に公開を迎える映画『SING/シング』から、本編映像が到着。日本語吹き替え版で歌手の夢を捨てきれないギャング一家の息子ジョニー(ゴリラ)を演じるスキマスイッチ大橋卓弥が、サム・スミスの「ステイ・ウィズ・ミー」を、いしわたり淳治がつけた日本語歌詞に乗せて見事に歌い上げる姿が明らかになった。

本作は、自らの未来を変えるため、歌のオーディションに向けて奔走する動物たちの姿を描く感動の音楽映画。解禁された映像には、美しい歌声と歌への熱い情熱を持ちながらも、ギャング団のボスである父親にオーディションのことを言い出せず、ひそかに参加する青年ジョニーが、オーディション主催者のバスターも思わず「わお!」と声を上げるほどの歌声を披露する姿を収めている。

それぞれに問題や悩みを抱えながらも、自分の人生を変える為にステージにたつことを夢みる動物たちの姿を描く本作だが、映画の登場キャラクターたちのように、今またオーディションを受けるとすれば、ジョニー役を務めた大橋は何を歌うのか?気になる答えは、「Mr.Childrenさんの『星になれたら』です」とのこと。大橋はその理由を「学生の時によく聴いていて、実際にその後、桜井さんと共演させていただいたときに歌わせていただいたこともある思い出の一曲です」と明かす。

さらに、大橋にとって“人生が変わったステージ”とは何かを尋ねると「赤坂BLITZですね。自分にとって目標とする場所のひとつだったのですが、デビューする前に、上位入賞者がそこでライブができるというオーディションに受かって、歌わせていただいたんですけど、それをたまたま現在の事務所のスタッフがみていて声をかけてもらったんです。だから、あのときのステージがなかったら今の僕はいないですね」と驚きのエピソードを披露。また「スキマスイッチとして最初にやったライブが赤坂BLITZだったのでさらに感慨深いです」とも語っている。劇中では、エルトン・ジョンの「アイム・スティル・スタンディング」や、ゾンビーズの「ザ・ウェイ・アイ・フィール・インサイド」といった名曲も披露するだけでなく、演技にも初挑戦している大橋。スキマスイッチでみせる姿とは一味違う大橋の活躍に、今から期待が高まる。

 

(C)Universal Studios.


映画『SING/シング』
2017年3月17日(金) 全国ロードショー!

監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
配給:東宝東和
吹替え版/演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST