山寺宏一、フランク・シナトラをも完璧に演じる!映画『SING/シング』特別映像が到着

 

(C)Universal Studios.

自らの未来を変えるため、歌のオーディションに向けて奔走する動物たちの姿を描く感動の音楽映画から、欲張り自己チューなマイク(ネズミ)を演じる、“七色の声を持つ声優”と呼び声の高い山寺宏一が、ビング・クロスビーの名曲「ペニーズ・フロム・ヘブン」を見事に歌い上げる本編映像が到着した。

欲張りで自己チュー、騙すのも、歌うのも、同じくらい軽やかにやってのけるずる賢いマイクは、お金・権力、そして派手なものが大好きで、フランク・シナトラのように歌うことを得意とするジャズ・ミュージシャン。劇中では、賞金目当てにバスターのコンテストに参加する。アマチュアなほかの挑戦者たちを小バカにする、ちょっぴり意地悪な一面を見せる一方、抜群に高い歌のスキルを誇るキャラクターだ。

そんなマイクを演じるのは、七色の声を持つと称されるレジェンド声優・山寺宏一。テレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』の加持リョウジから、ディズニーキャラクターのドナルド・ダック、洋画ではジム・キャリーやブラッド・ピットの声を務めるなど、幅広い域で活躍している山寺。先日テレビ朝日系にて放送された「人気声優200人が本気で選んだ!声優総選挙3時間SP」で一位に輝いたことも記憶に新しく、その高い演技力と何層にも及ぶ声域はもちろんのこと、魅力的な歌声は高く評価されている。

解禁された映像には、自分の身の丈と同じサイズのマイクを、まるでレディーを扱うかのように優しく包み込みながら、ビング・クロスビーの「ペニーズ・フロム・ヘブン」を見事に歌い上げるマイクがの姿が収められている。

オリジナル版でマイクを演じるのは、あの『テッド』の監督であり、司会や歌手としてはグラミー賞にもノミネートされるほどの実力をもつなどマルチに活躍するセス・マクファーレン。山寺はマイクを演じるにあたり、マクファーレンの歌声を聴いたことでかなりのプレッシャーを感じたそう。「やってやろうじゃないかと息を巻いていたんですが、セスとシナトラと両方色んな動画を見たり曲を聴いていたら、やべーぞっと思って…。レコーディング前日はプレッシャーでなかなか寝付けませんでしたね」と当時を振り返っている。

しかし山寺は、本番では吹き替え版の音楽プロデュースを手掛ける蔦谷好位置も絶賛するほどの見事な歌声を披露。シナトラを彷彿させる低く渋みのかかったダンディーな歌声には、誰しもが驚き聞き入ってしまうこと間違いない。山寺は劇中で、シナトラの「マイ・ウェイ」やフレッド・アステアの「レッツ・ダンス・ザ・ミュージック・アンド・フェイス」も披露しているとのこと。

 

(C)Universal Studios.


映画『SING/シング』
2017年3月17日(金) 全国ロードショー!

監督/脚本:ガース・ジェニングス
製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
キャスト:マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー、ニック・クロール、ジェニファー・サンダース、ピーター・セラフィノーウィッチュ、レスリー・ジョーンズ、ジェイ・ファロア、ニック・オファーマン、ベック・ベネット
配給:東宝東和
吹替え版/演出:三間雅文
日本語吹替え版音楽プロデューサー:蔦谷好位置
日本語歌詞監修:いしわたり淳治
出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

フランク・シナトラ

生年月日1915年12月12日(82歳)
星座いて座
出生地米・ニュージャージー・ホーボーケン

フランク・シナトラの関連作品一覧

山寺宏一

生年月日1961年6月17日(57歳)
星座ふたご座
出生地宮城県塩竈市

山寺宏一の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST