ジェイク・ギレンホール主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』大ヒットスタート!

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.

(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation, Demolition Movie, LLC and TSG Entertainment Finance LLC. All Rights Reserved.

ジェイク・ギレンホール主演の主演最新作『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』(原題:Demoliton)。本作は、『ダラス・バイヤーズ・クラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』の監督・ジャン=マルク・ヴァレの待望の最新作。「僕は幸せを掴もうともがいている人に惹かれる。この映画は人生を再び始めるための、勇気いる旅路が美しかったんだ」と語り、何事にも無感覚になっている主人公の心の迷いに寄り添いながら、美しい映像と共にエモーショナルに描き切った。そして、『ナイトクローラー』で狂気的な演技で人々を魅了させたジェイク・ギレンホールが、妻を亡くし、自分を見失った空虚な男の脆さを、繊細な演技で見事に表現。また、ナオミ・ワッツが、ジェイク演じるディヴィスの心を溶かしていくシングルマザーを演じている。

先週2月18日(土)に公開となった本作はメイン館の新宿シネマカリテでは初回時には夕方まで完売し、土日2日間計10回が全回満席となった。これは2014年公開の「グランド・ブダペスト・ホテル」以来の記録。午前中は男性客が目立つが、午後以降女性客も多く来場する様子が見られるなど、20代~シニアまで幅広い客層に広がっており、平日の落ちも少ないことが予想され、レディースデイは高稼働期待されている。また、SNSでも絶賛の声が続出している。

《エンドロール終わっても立ち上がれんかったのは本当久しぶり。ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパーと名優揃いで、またみんな撃ち抜く芝居してくれるし。ホンも演出もウィット効いてて言うことなし。観終わった今もなんかふわふわしてるよ。2017年私的暫定1位!》

《最初は破壊の規模と多さに驚いたけど、そのうち観てるこっちまで爽快になってきた。壊して踊るジェイク・ギレンホール最高!主人公の繊細で危うい感じも、少年との会話での笑えるやりとりも、本当に良かった。ナオミ・ワッツはこの映画でもいい演技をしてるし、息子役の男の子が素晴らしかった!これからが楽しみな俳優さん。音楽も良かったし、また観たくなる映画。》

《『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』久々に終演後立ち上がれんかった。ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー、名優たちが輝きまくってる。2017年暫定1位!》

《超展開でド感動!ってよりはしみじみとジェイクの立ち直っていく様がしみ込んでくるような丁寧な映画。破壊と再生と悲哀と清々しさ。「雨の日は会えない、晴れた日は君を想う」って邦題も見る前はしゃらくさいな!と思ってたけどこりゃあ良いセンスしとるわ…》


映画『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』
公開中

監督:ジャン=マルク・ヴァレ(『ダラス・バイヤーズクラブ』『わたしに会うまでの1600キロ』)
原題:Demoliton
出演:ジェイク・ギレンホール、ナオミ・ワッツ、クリス・クーパー他
上映時間:101分 PG12

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST