町山智浩が映画『キングコング』の魅力を解説!新たな世界「MonsterVerse/モンスターバース」の展開も明かす

 

「町山先生が教えてくれる!20分でわかる“キングコング”講座!」より

3月25日に公開を迎える映画『キングコング:髑髏島の巨神』のトークイベント「町山先生が教えてくれる!20分でわかる“キングコング”講座!」が、28日に都内で実施。映画評論家の町山智浩が登壇し、「1970年当時のベトナム戦争の装備と怪獣が戦ったら、一体どうなるか?という夢の映像化ですよ」と見どころを語ったほか、今後に展開されるという「MonsterVerse/モンスターバース」についても明かした。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、未知の生物を求めて謎の島・髑髏島に調査に向かった遠征隊リーダーのコンラッド(トム・ヒドルストン)や、戦争写真家のウィバー(ブリー・ラーソン)が、島の守護神である“キングコング”から逃れるために繰り広げる怒涛のサバイバルを描いたアクション超大作。日本を含め、何度か『キングコング』映画は製作されてきたが、町山は既存の作品との違いについて聞かれると、「とにかく最初から最後まで、キングコングがずっと怪獣と闘い続ける映画なんですよ。ラブロマンスとかで、ちょっと緩くなったりすることはなくて、延々と戦い続けます(笑)。次から次に怪獣が出てきて、ずっとクライマックスなんです」と魅力をアピール。

「ベトナム戦争当時のアメリカ軍と、キングコングが戦うという夢のような形ですね」と嬉しそうに話した町山は、「1933年にウィリス・オブライエン監督が撮ったものは、全くそういった話だったんですよ。ただ、途中からニューヨークに行ってしまって、都市破壊みたいな話になるんですけど、この映画は怪獣島で勝ち抜き怪獣合戦みたいなもので(笑)、キングコングがどんどん怪獣と戦って勝ち上がっていくんです」とストーリーを紹介。続けて「既に報道されているんですが、別のリーグがあるんですね。リーグ戦なんですよ(笑)。これは怪獣島リーグでキングコングが勝っていく話で、もう一つのリーグの方はゴジラ。ゴジラがあっちの方の怪獣たちと戦って、最終的には両リーグのワールドシリーズですよ。それが2020年。「ゴジラVSキングコング」というすごいことになってますけど、俺が小学生だったら頭おかしくなっちゃいますよ!」と興奮気味にコメントした。

今回登場するキングコングは、これまでのキングコングで最大級のサイズを誇る。しかし町山によれば、本作のキングコングは、これからも成長を遂げていくとのこと。「今回のキングコングは(これまでで)一番巨大なんですよ。聞いた話だと、まだ中学生くらい。これからどんどん身長が伸びる時期に入るらしくて、ゴジラとの決戦に向かって、体が出来ていく。コンディションてやつですね(笑)」

イベントの最後に、改めて見どころを聞かれた町山は「ベトナム戦争の時の装備と怪獣が戦うっていう映画を誰も見たことないでしょう!みんな、キングコングがウルトラホークとか自衛隊と戦っているのは見たことあるんですよ。1970年当時のベトナム戦争の装備と怪獣が戦ったら、一体どうなるか?という夢の映像化ですよ!」と熱っぽく語っていた。

町山はイベント後には囲み取材にも応じ、今後の怪獣映画の驚くべき展望を紹介してくれた。「この作品は、予定されている3部作の1作目ということになっていまして、この次にゴジラが続く予定なんですよ。2014年コミコンでレジェンダリー・ピクチャーズが東宝からモスラ、ラドン、キングギドラの使用権を買ってるって発表されてるので、きっとゴジラと戦うんだろーなって思います。そして『キングコング:髑髏島の巨神』のどこかに、この4体は出てきます。それから2019年にゴジラのリーグ戦がありまして、2020年にキングコングとゴジラの両者が激突するということまで発表されています」

これだけ聞いてもワクワクが止まらないが、町山曰く、レジェンダリーはさらに世界を拡張していくという。

「でも、レジェンダリーはそれ以上のものを考えているらしくて、マーベル・シネマティック・ユニバースや、DCエクステンデッド・ユニバースと同じことを、怪獣で展開しようとしているそうです。「MonsterVerse/モンスターバース」と仮に呼んでいるようですね。ゴジラとキングコングを中心に、いろいろな怪獣たちのバトルが延々と展開するという作品世界を予定しているそうです!」

町山の言う通りになれば、今まで戦うことがなかった怪獣たちがスクリーンで激突することがあるかもしれない。今後の怪獣映画からは、ますます目が離せなくなりそうだ。

(取材・文:岸豊)


映画『キングコング:髑髏島の巨神』
2017年3月25日(土)日本公開

出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・C・ライリー、他
監督:ジョーダン・ヴォート=ロバーツ

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

町山智浩

生年月日1962年7月5日(56歳)
星座かに座
出生地東京都

町山智浩の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST