神木隆之介、伊勢谷友介に言われた一言で「桐山零としてエンジンがかかった」と明かす―『3月のライオン』イッキ見イベント

有村架純、神木隆之介、伊勢谷友介、大友啓史監督

有村架純、神木隆之介、伊勢谷友介、大友啓史監督

3月5日(日)、都内にて『3月のライオン』【前編】【後編】のイッキ見イベントが開催された。上映後、『3月のライオン』応援団300人の前に大友啓史監督、主演の神木隆之介、有村架純、さらに伊勢谷友介が登壇。舞台挨拶を行った。なお、【後編】が一般のお客様に公開されるのはこの日が初となる。

神木隆之介

神木隆之介

神木が開口一番「どうでしたか? 大丈夫でしたか?」と尋ねると、大きな拍手が帰ってくる。大友監督も「皆さん、お疲れ様でしたとしか言いようがない」と労いつつ、「2部作ではあるけど、僕的には1本の映画を2本作ったつもり。【前編】【後編】で色合いがかなり違うので。それを楽しんでいただければと」と本作に掛ける思いをまず語った。

2本通した感想を聞かれると神木は「前編は熱い映画、後編は温かい映画だなと思いました。前編は対局や棋士のシーンとか、男としてもプロとしてとか覚悟の熱さを感じて、後半はキャラクターが持っている孤独や苦しみがゆっくり溶けていくイメージで。(最後の)零の表情は、役をやっていたけど、自分も救われた気持ちになりましたね。作品を観た後は温かい気持ちになって、周りにいる人や家族に“ありがとう”と言いたくなるような映画でした」とすべてを伝えられる安心感もありながら、言葉を紡いでいった。

有村架純

有村架純

一方、有村にとっては「客観的に観られた作品」だったという。「自分が演じていなかったシーンがこんな風になってたんだ…というのも楽しかったし、登場人物みんながそれぞれの想いを抱えて、それぞれの悩みや苦しみがわかる【前編】と、それを回収してくれる【後編】。みんなが報われて終わる映画なので、通して観てもらえればと思います」。

有村のコメントの直後、サプライズゲストとして伊勢谷友介が登場、いきなり客席や舞台でセルフィーをしだすなど、会場を盛り上げながらの登場となった。ちなみに、伊勢谷が演じることになるのは、3姉妹の父である誠二郎。母を亡くした幼い3姉妹を捨てて家を出て行ったにも拘らず、突如姿を現す放蕩な父親だ。

登場するなりセルフィーを始める伊勢谷友介

登場するなりセルフィーを始める伊勢谷友介

伊勢谷は自身の役どころについて「彼は本当に好き勝手生きていることを悪く思っていない。純粋無垢にやっている。『昔はこういう人いたよね』っていうのを現代でやったら強烈になった、って感じですかね。なので現場では刺激的でした」とコメント。この伊勢谷のキャスティングについて大友監督が「脚本作っている時に伊勢谷さんの顔が浮かんでしまった。伊勢谷さんがやったら面白いなって。それに尽きるね」と話すと、伊勢谷は思わず「これ、キャラクターに似ているからじゃないですよね?」と確認を。

伊勢谷友介

伊勢谷友介

これに大友監督は「違います(笑)」と否定しながら、「(彼がやってきた役とは)間逆なイメージ。なので真逆に振りたいと思っていたんですよ。そこがハマってくれて」と解説。しかし伊勢谷は「有村さんは性格ピッタリだったからこの役にね…?」とイマイチ腑に落ちないのかツッコミを入れると大友監督も「なんとも言えないな(笑)」と思わず苦笑い。

大友啓史監督

大友啓史監督

これには有村も「えっ??(私も)全然違うと思ってるんですけど…」と困惑していると、見かねた神木が「違うわ!(笑)。だからさっきも取材で『違うから大変だった』って言ってましたよ」とフォローし、会場の笑いを誘った。

また、神木は、後編での伊勢谷との共演について「本当に助けていただくことばかりで。現場で『もうちょっと挑発的な言い方あるなら言って』とか言ってくださって。常に助けてくださって。やっぱり…『君さぁ、帰れよ』っていう台詞で、桐山零として『絶対負けたくない』というエンジンがかかったんです。誠二郎はすごくほんわかしていて、誰でも仲良く慣れそう。でもそれは“とんでもないバケモノが棲んでいる”という一言だったんです。それを持っていると感じた時、油断したらダメだと思いましたね」と振り返っていた。

最後に神木から観客に向け「4時間40分もお付き合いいただきありがとうございます。皆さんに観てもらって見れもらって嬉しい気持ちでいっぱいです。この映画は答えがないと思っているし、何を感じてどう思ったかは人それぞれなので。でも、『3月のライオン』が良かったな、って思ってもらえる作品だったらいいなと思っています」と言葉が贈られ、イベントの幕を閉じた。


映画『3月のライオン』
2017年 【前編】 3月18日(土) 【後編】 4月22日(土) 2部作連続・全国ロードショー

監督:大友啓史
原作:羽海野チカ「3月のライオン」(白泉社刊・ヤングアニマル連載)
脚本:岩下悠子 渡部亮平 大友啓史
出演:神木隆之介 有村架純 倉科カナ 清原果耶
佐々木蔵之介 加瀬亮
前田吟 高橋一生 岩松了 斉木しげる 中村倫也 尾上寛之 奥野瑛太 甲本雅裕 新津ちせ 板谷由夏
伊藤英明 / 豊川悦司
製作:『3月のライオン』製作委員会
制作プロダクション:アスミック・エース、ROBOT
配給:東宝=アスミック・エース

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

神木隆之介

生年月日1993年5月19日(25歳)
星座おうし座
出生地埼玉県

神木隆之介の関連作品一覧

有村架純

生年月日1993年2月13日(25歳)
星座みずがめ座
出生地兵庫県伊丹市

有村架純の関連作品一覧

伊勢谷友介

生年月日1976年5月29日(42歳)
星座ふたご座
出生地東京都

伊勢谷友介の関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST