第89回アカデミー賞作品賞受賞!『ムーンライト』主人公・シャロンを演じた“同じ目”を持つ3人の発掘秘話とは?

© 2016 A24 Distribution, LLC

(C)2016 A24 Distribution, LLC

第74回ゴールデン・グローブ賞では作品賞(ドラマ部門)受賞、第89回アカデミー賞では8部門にノミネートされ、見事、作品賞・脚色賞・助演男優賞の3部門受賞し、オスカーの栄光を手にした『ムーンライト』。異例の1ヶ月前倒し公開も決定し、映画ファンの期待も最高潮に高まっている。

本作は、当時まだ誰もその存在を認識していなかった無名の監督による作品が、 2016年のテルライド映画祭での上映を皮切りに、圧倒的な支持を得て北米で大ヒットを記録。主なオスカー前哨戦では、最も多くの “作品賞”を受賞していた。(329部門ノミネート・158部門受賞)。さらにアカデミー賞の歴史の中でLGBTをテーマにした作品として初めて作品賞を受賞した作品となり、まさに「映画史の歴史を変えた作品」といえる。

主人公・シャロンを少年期、青年期、成人期と3つの成長過程で3人の俳優が演じた本作。これは、10歳の少年期から様々な段階を経て30歳前半までのシャロンの成長を、1人の俳優が年を重ねていかずに描くという、バリー・ジェンキンス監督の大胆な決断から始まり、監督はもちろん、キャスティング・ディレクターであるヤシ・ラミレスを初めとした多くのスタッフによって、“全く同じ目を持つ”3人の、奇跡のキャスティングとなった。

《キャスティング・ディレクター:ヤシ・ラミレス》
バリー・ジェンキンス監督と同じマイアミ出身。
キャスティング・ディレクターになる前、未成年の官選弁護人になる勉強をしており、問題を抱えた子供たちのために力を貸していた。本作の脚本に惹かれたラミレスは「シャロンは誰か手を貸してくれる人が必要だったの。私はそういった子供たちを知っていたし、そんな子供たちのために働いていたから」とコメントしている。

またキャスティングについてバリー・ジェンキンス監督は、非常に困難で時間がかかったことを明かし、「僕らは、同じフィーリング、同じ雰囲気、同じ要素をもつ俳優を探そうと思った。」と語った。映画において目は、“観客のための窓”と捉え、同じ雰囲気を感じさせる目をもつ3人を探したという。

3人のシャロンは継ぎ目なく3つの章でつながっているが、ヒバート、サンダース、ローズの3人は監督の指示で、撮影中会うことはなかった。「私たちがラッキーだったのは、それぞれのパートに最もふさわしい俳優を見つけられたことよ」とラミレスは語る。「3人には3つの違った時期を一貫して流れる、内なる脆弱性という共通の特徴もあったのよ。それぞれの俳優はそれを目で表現できて、あのキャラクターの人生の完璧な映画を作るのを助けてくれたわ」と、振り返った。

少年期(リトル):アレックス・ヒバート

アレックス・ヒバート

アレックス・ヒバート

監督は、マイアミ中をくまなく歩いて、出演者募集のチラシを貼ったり、学校や近隣を歩いて周り、この重大な役柄を演じられる少年を探し歩いたそう。最終的に2人はヒバートを見つけ、他のスタッフに見せるために彼を撮影した。ラミレスは彼をオーディションで見た時、すぐにその幼い目に映る物静かな好奇心と脆弱性に強く惹かれたという。誰もが彼こそがふさわしいと確信を持ったのだった。

青年期(シャロン):アッシュトン・サンダース

アッシュトン・サンダース

アッシュトン・サンダース

ラミレスは全国を回り、オーディション・テープや顔写真を見たり、インターネットで高校の演劇プログラムを終了した生徒のビデオクリップを探し回った。最終的に、ラミレスが最初にロサンゼルスで行った数多くのキャスティング・オーディションで見つけたうちの1人だったアッシュトンは、それまでにサンダースはインディペンデント映画に出演したことがあり、静けさと不屈の精神を持ち合わせた第2章のシャロンの重要な役どころには打ってつけだった。

成人期(ブラック):トレバヴァンテ・ローズ

トレバヴァンテ・ローズ

トレバヴァンテ・ローズ

ルイジアナ出身の陸上競技界のスターであるトレヴァンテ・ローズは、もともとは第3章の大人になったケヴィン役のために呼ばれていた。しかし、筋肉隆々で男っぽいローズが、街に精通した大人の化身である“ブラック”ことシャロンの役柄に、より適していることに誰もが気づいたのだった。ラミレスは「キャスティング・ディレクターとして、入ってきてすぐ強烈に“これだ”と思うことはあまりないことないのに、ローズは特別だったわ」「彼の男らしい風貌に加えて、彼は観客がキャラクターに対して何か感じる弱さを持ち合わせていたの」と絶賛した。


映画『ムーンライト』
2017年3月31日(金)全国ロードショー

監督/脚本:バリー・ジェンキンス
エグゼクティブプロデューサー:ブラッド・ピット
キャスト:トレバンテ・ローズ、アッシュトン・サンダース、アレックス・ヒバート、マハーシャラ・アリ、ナオミ・ハリス、アンドレ・ホーランド
提供:ファントム・フィルム/カルチュア・パブリッシャーズ/朝日新聞社
配給:ファントム・フィルム【2016/アメリカ/111分/シネマスコープ/5.1ch/R15+】原題:MOONLIGHT

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST