あなたは何人の“ジミー”を見つけられるか?『ハードコア』怪優シャールト・コプリーの写真&撮影秘話解禁!

(C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

(C)2016 STX FINANCING, LLC. ALL RIGHTS RESERVED

主人公は、ヘンリーと呼ばれるあなた! 愛する人を守るために謎の組織との壮絶な戦場に放りこまれる! 完全1人称で前人未到のアクションが繰り広げられる映像革命の新次元作品『ハードコア』が2017年4月1日(土)より全国公開となる。

2014年、新人監督イリヤ・ナイシュラーが公開した7分間の映像が瞬く間に世界中のネットトレンドを席巻した。全編一人称視点のみで撮影されFPS(ファースト・パーソン・シューター)さながらの臨場感を映しだした革新的で刺激的な映像にユーザーたちは驚き、興奮し、熱狂した。その後、長編映画として完成した『ハードコア』は、2015年トロント国際映画祭ミッドナイト・マッドネス観客賞受賞を皮切りに世界中の映画祭で上映、旋風を巻き起こした。

そんな本作の主人公=“あなた”を助け、導くジミー役で出演しているのがシャールト・コプリー。『第9地区』『エリジウム』『チャッピー』などで知られる怪優だ。そのシャールト・コプリーの写真&撮影秘話が今回解禁となった。

エイリアンとの対立をドキュメンタリー風に描いた『第9地区』では主人公ヴィカス役を全セリフアドリブで演じきり、一転して『エリジウム』では残虐な悪役を、『チャッピー』では声とモーションキャプチャーで主役のロボットを演じ、その怪優ぶりを遺憾なく発揮している。そんな怪優シャールト、本作では“ジミー”という名を持つ複数の人物をたったひとりで演じきった。ある時は短機関銃を持つ軍人、ある時は二丁拳銃のジャンキー、そしてヒッピー、Yシャツ姿の武装した男、スナイパー…とその風貌は様々。何故彼はいくつもの顔を持つのか─。解禁画像以外にも多種多様なシャールトが堪能できる本作。さあ、あなたは何人の“ジミー”を見つけられるか―?

あまりに多すぎる役柄を演じたシャールトだが「とても楽しかったのは、監督と協力して、ヒッピーのジミーなどおもしろいキャラクターを作ったことだね」と語り、相当楽しんだ様子。さらにキャラクター創作にシャールトが果たした役割は大きく、「監督と他愛もないことをしゃべっていて、キャラクターを思いつき、それを発展させたりしたんだ。ヒッピーのジミーも朝の撮影前に思いついたんだ!」と驚きのエピソードを明かしている。


『ハードコア』
4月1日(土) より、新宿バルト9他全国ロードショー

製作・脚本・監督:イリヤ・ナイシュラー
出演:シャールト・コプリー、ダニーラ・コズロフスキー、ヘイリー・ベネット、ティム・ロス
配給:クロックワークス 提供:クロックワークス/パルコ
2016年/ロシア・アメリカ/DCP5.1ch/ビスタ/英語、ロシア語/96分/R15+
原題:HARDCORE HENRY/字幕翻訳:北村広子

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST