トムヒ「ジェットコースターに乗っているみたいな感覚になる映画」と『キングコング』に自信

 

(C)2016 WARNER BROS.ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED

3月10日の全米公開を前に、3月8日(水)、ハリウッドのドルビーシアターに、トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソンら、豪華キャスト陣が集結。ジョーダン・ボート=ロバーツ監督と共に、アースカラーのカーペットが敷き詰められたLAプレミアでファンの声援に応えた。

映画『キングコング:髑髏島の巨神』は、未知の生物を求めて謎の島・髑髏島に調査に向かった遠征隊リーダーのコンラッド(ヒドルストン)や、戦争写真家のウィバー(ラーソン)が、島の守護神である“キングコング”をはじめとする巨大生物から逃れるために繰り広げる怒涛のサバイバルを描いたアクション超大作。ヒドルストンは、黒のダークスーツにブルーのシャツでスタイリッシュな装いで出席し、ファンサービスにも気さくに応じながら、終始笑顔でゴキゲンな様子。作品については「この作品への出演が決まったのは3年前。ようやくお披露目できてうれしいよ。キングコングは映画が始まってすぐ出てくるんだけど、彼がこの映画のスターだね!彼はこの映画の象徴であり、自然の驚異を表してもいる。本当にジェットコースターに乗っているみたいな感覚になる映画だし、最高にダイナミックな冒険になるよ」と笑顔でコメントした。

『ルーム』でオスカーに輝いたラーソンは、ラグジュアリーな赤のワンピース姿を披露し、「こんな大作に出演するのが初めてだからとても興奮しているわ。プレミアも盛大ですごい!この映画は映画館で観るべき映画よ。映画館に来る理由がこの映画にはあるの」と大興奮だった。一方、遠征隊を護衛するパッカード大佐を演じたジャクソンは、愛妻を伴って登場。「キングコングがすごい!彼が引っ張ってるんだ」と物語の魅力を語り、グッドマンとともに気さくにファンと接していた。

映画レビューサイト“ロッテントマト”では、82%がフレッシュと絶賛し、92%が「Want to SEE」と映画鑑賞に意欲を示すなど、全米観客の期待度が最高潮を迎えている本作。いよいよ3月15日には、ヒドルストン、ラーソン、ジャクソンがジャパンプレミアに登場する。当日は、洋画作品として史上初となる全長120.1mにもなるオレンジカーペットが敷かれ、東京がキングコングに染まるほか、日本語吹替キャストのGACKTと佐々木希も駆けつける予定だ。


映画『キングコング:髑髏島の巨神』
3月25日(土) 3D/2D/IMAX ロードショー

監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ
出演:トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、MIYAVI、ジョン・C・ライリー、他
日本語版吹替キャスト:GACKT(主人公:ジェームズ・コンラッド役)、佐々木 希(ヒロイン:メイソン・ウィーバー役)、真壁刀義 [新日本プロレス](米陸軍兵士:レルス役)

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

サミュエル・L・ジャクソン

生年月日1948年12月21日(69歳)
星座いて座
出生地米・ワシントンD.C.

サミュエル・L・ジャクソンの関連作品一覧

トム・ヒドルストン

生年月日1981年2月9日(37歳)
星座みずがめ座
出生地

トム・ヒドルストンの関連作品一覧

ブリー・ラーソン

生年月日1989年10月1日(28歳)
星座てんびん座
出生地

ブリー・ラーソンの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST