映画『パッセンジャー』ほか、3月公開の“ちょっと変わった恋愛映画”4作品!

映画『パッセンジャー』

映画『パッセンジャー』

ジェニファー・ローレンスとクリス・プラットをダブル主演に迎えておくる、『パッセンジャー』が3月24日(金)より全国公開となる。このたび、本作の公開を記念して、3月公開の“ちょっと変わった恋愛映画”をご紹介!

『PとJK』(3月25日 公開)

PとJK

『PとJK』/(C)三次マキ/講談社 (C)2016「PとJK」製作委員会

別冊フレンドで連載中の大人気作「PとJK」の実写映画化。 仕事に真面目な警察官・功太(亀梨和也)と、ピュアで真っ直ぐな女子高生・カコ(土屋太鳳)が織りなすキュートで愛らしい物語。話題作を多数手掛けるヒットメーカー・廣木隆一が監督を務める、ピュアラブストーリー。

『サクラダリセット』(前篇3月25日/後編5月13日 公開)

原作・河野裕の同名小説の実写映画化『サクラダリセト』。能力者たちが暮らす街〝咲良田〟を舞台に、驚異的な「記憶保持」の能力を持つ高校生・浅井ケイ(野村周平)が、「リセット」(世界を最大3日分巻き戻すことができる)の能力を持つ春埼美空(黒島結菜)と共に、2年前に死んでしまった同級生・相麻菫をよみがえらせるために、様々な能力を組み合わせた作戦に挑む物語。タイムリープを題材とした恋愛映画。

『モン・ロワ 愛を巡るそれぞれの理由』(3月25日公開)

マイウェン監督最新作。運命の再会を果たし、激しい恋に落ちた男と女の10年間の物語。『ブラックスワン』のヴァンサン・カッセルや、本作でカンヌ映画祭女優賞受賞したエマニュエル・ベルコらフランスを代表する名優たちが魅せる大人なラブストーリーは見逃せない。

『パッセンジャー』(3月24日 公開)

冬眠ポッドで眠る5,000人の乗客を乗せた豪華宇宙船が舞台。地球から目的地まで120年掛かるなか、なぜか90年も早く目覚めてしまった身分違いの男女、ジム(機械エンジニア)とオーロラ(売れっ子作家)の≪壮絶な愛と運命≫が描かれる。

2人の愛の物語に関して、オーロラを演じたジェニファーは、「二人が直面しているのは非常に緊迫した状況で、決して普通ではない場所であるからこそ、育まれるものがあるの」と語り、ジムを演じたクリスは、「孤立した空間に二人きりでいる孤独や孤立感があるからこそ、そこに愛や寛容性など人間の良い部分が見えてくるんだ」と語り、孤立無援の宇宙空間でのトラブルという極限状況だからこそ、育まれた愛であったことを語った。

本作のメガホンを握ったモルテン監督は、「この物語の主人公たちは、極端な状況に直面し極端な選択をしなければいけない。僕は昔からそういう作品に魅力を感じてきたんだよ。自分ならどうするだろうと考える作品にしたかったんだ」と語り極限状況を意図的に作り上げたことを明かした。そして「作品を観終わった後、2人の“愛”について話を交して欲しいと思う。“君ならどうする?”といったようにね。良い作品は会話を生むものだと信じているからね」と話し、鑑賞後の映画談議に花が咲くことを請け合った。


映画『パッセンジャー』
2017年3月24日(金)より全国公開

監督:モルテン・ティルドゥム(『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』
脚本:ジョン・スペイツ(『ドクター・ストレンジ』『プロメテウス』
原題:PASSENGERS
キャスト:ジェニファー・ローレンス、クリス・プラット、マイケル・シーン、ローレンス・フィッシュバーン
全米公開日:2016年12月21日

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・プラット

生年月日1979年6月21日(39歳)
星座ふたご座
出生地米・ミネソタ州

クリス・プラットの関連作品一覧

ジェニファー・ローレンス

生年月日1990年8月15日(28歳)
星座しし座
出生地アメリカ・ケンタッキー州

ジェニファー・ローレンスの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST