「月曜から夜ふかし」株主優待・桐谷さんのベスト3ムービー発表!渋めのチョイスにネットでは…?

株主優待・桐谷さんのチョイスは…?

株主優待・桐谷さんのチョイスした映画は…?(画像は「月曜から夜ふかし」公式サイトより引用)

20日(月)放送の日本テレビ系列「月曜から夜ふかし日本の大大大問題 春の全国一斉調査スぺシャル」が放送。一年ぶりに、株主優待で生活を続ける桐谷広人さんが登場! 番組の中では桐谷さんが、ベストムービー3本紹介! そのチョイスの渋さにネットでは…?

桐谷さんおすすめ映画に「わかってる!」「みたい!」

数多くの株主優待を駆使し、せかせかと忙しげな生活を送る桐谷さん。今回の放送でも、中野から川口まで自転車で移動するなど変わらぬ姿をみせた。そんな、桐谷さんは株主優待で最新作『ラ・ラ・ランド』を鑑賞するも鑑賞中に寝てしまう一幕も…。そんな桐谷さんだが、年間100本映画を鑑賞するという映画好きという一面も。そんな、桐谷さんが「観て寝ない映画3本」を紹介した。

第3位 『疾風スプリンター』

「密告・者」「激戦 ハート・オブ・ファイト」のダンテ・ラム監督が、自転車プロ・ロードレースの世界を舞台に贈るアクション・ドラマ。出演は「激戦 ハート・オブ・ファイト」のエディ・ポン、「サンザシの樹の下で」のショーン・ドウ、「ヘリオス 赤い諜報戦」のチェ・シウォン。チョン・ジウォンがエースを務める自転車ロードレースチーム“レディエント”にアシストとして所属することになったチウ・ミンとティエン。2人の活躍でチョン・ジウォンは勝利を重ねていくが、やがてレディエントは資金難に陥り、3人は別のチームに移籍して、それぞれがエースとなって対決することになるのだったが…。

桐谷さんいわく「疾走感」が見どころとのこと。ロードレーサーばりの自転車の運転を見せる桐谷さんならではの一本だ。

第2位 『人魚姫』

『少林サッカー』『西遊記 ~はじまりのはじまり~』を手掛けたチャウ・シンチー監督の『人魚姫』。アジア興行収入歴代1位を記録。リゾート開発をめぐる、人間界と人魚界の戦いを描いた本作。暗殺計画のため人間界に送り込まれた美しい人魚・シャンシャンの運命を描く物語だが、桐谷さんいわく「人魚があまり美人ではなかった」とのコメントする一幕も…。

第1位 『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

桐谷さんも「最近観た作品」とコメントしながらも、1位に挙げたの本作。第2次世界大戦後、ハリウッドを席巻した赤狩りの犠牲となった映画脚本家、ダルトン・トランボの実話に基づく社会派ドラマ。赤狩りで投獄されキャリアを断たれても信念を貫いた脚本家を、ブライアン・クランストンが熱演する。

SNSでは「桐谷さんのおすすめ映画面白そう!」「桐谷さんわかってる!トランボ名作!」「疾風スプリンター出てきた!シウォンさん!」とそのチョイスを絶賛するコメントが見受けられた。一方で、「うーん、濃いな…」「3作とも観たことない…」など、意外にも渋めのチョイスも驚きを呼んだ。

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST