シルベスター・スタローンが『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に殴り込み!? 最新ポスター&予告解禁!

(C)Marvel Studios 2017

(C)Marvel Studios 2017

「正義なんてくそ食らえ!」銀河一“ヤバい”愛されヤンキー・ヒーロー・チーム “ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー”が、ノリと笑いで銀河を守る!? 最強に笑えるアクション・アドベンチャー超大作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』が、5月12日(金)に日本公開となる。

今回、銀河一ヤバい奴らが勢ぞろいした本ポスターと、まさかのラストが衝撃的な最新予告が解禁となった。

身長25cmの超絶カワイイ 最終兵“木”【ベビー・グルート】や、銀河一凶暴な毒舌アライグマの【ロケット】、セクシーなツンデレ暗殺者の【ガモーラ】、マッチョな荒くれ者だがド天然の【ドラックス】、そして永遠の思春期リーダー【ピーター・クイル】など、ガーディアンズのメンバーは超個性的なヤツばかり。正義の為に戦うアベンジャーズを尻目に、ノリだけで戦うありえないヒーロー・チーム、それがガーディアンズ・オブ・ギャラクシーだ。

スタローンが緊急参戦!?

今回公開となった最新ポスターでまず目に入るのが、右手にウォークマンを持ち、音楽を聴きながらキメ顔であらぬ方向に銃を撃つ、ガーディアンズのリーダー ピーター・クイル。ながら歩きも危険だが、ながら撃ちは問題外!最大のピンチに、アカペラとダンスで立ち向かった前作の戦いぶりをほうふつとさせる適当さだ! そしてピーターの肩では25cmながら超危険な最終兵“木”ベビー・グルートが小さな口を大きく開けて怒りを露わにし、毒舌アライグマのロケットは自身の身体と変わらぬほどの大きな銃をぶっ放す!ネオン管のようなサイケデリックなカラーに、てんでバラバラなポーズで決める、ガーディアンズ達の魅力が満載のポスターとなっている。

そして注目はポスターの下方、スタッフ/キャストが書かれた、ビリングと呼ばれる部分。なんとそこには“WITH シルベスター・スタローン”の文字が! 兼ねてから噂となってはいたが、これでハリウッドのスーパースターの出演が決定的となった。スタローンの劇中での役柄など詳細は明らかとなっていないが、日本語吹替えを担当するのは、スタローンと言えばこの声【ささき いさお】氏に決定! ささき氏は「あの『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に、シルベスター・スタローンがいよいよ登場する。さあ、どんな出方をしてくれるのか? 彼のことだからアイデアをたくさん盛り込んで、我々を楽しませてくれると思うよ!」と、マーベル作品初参加への意気込みを語っている。

『スター・ウォーズ』以上の衝撃が?

合わせて公開となった新予告では、ガーディアンズのメンバーに対して“愚かなもの達を正す”と高圧的に迫る全身金色の女性が冒頭に登場。この人物こそが今回ガーディアンズ達を執拗に狙う強敵、“黄金の惑星”ソヴリンの指導者アイーシャだ。アイーシャがガーディアンズ達を目の敵にする理由は明かされていないが、きっかけはロケットの挑発のように見える。自らの毒舌がチームのメンバーを災難に巻き込んだのにも関わらず、高笑いのロケット。「ボクはグルート」の一言で、どうみても無邪気に遊んでいるようにしか見えないベビー・グルート。そして相変わらずリーダーらしさのかけらも見せないピーター・クイル、、、そんなガーディアンズ節が満載の予告となっている。そして予告のラストシーンでは、カート・ラッセル演じる謎の人物エゴがピーターに「お前の父だ」と告げる。あの『スター・ウォーズ エピソード5/帝国の逆襲』でダース・ベイダーがルーク投げかけた映画史に残る衝撃的な告白にも似た状況だが、今作ではそれ以上の衝撃展開が待ち受けているかも!?


映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』
2017年5月12日(金) 日本公開

原題:Guardians of the Galaxy Vol. 2
監督:ジェームズ・ガン
製作:ケヴィン・ファイギ
出演:クリス・プラット、ゾーイ・サルダナ 他
配給表記:ウォルト・ディズニー・ジャパン

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

クリス・プラット

生年月日1979年6月21日(39歳)
星座ふたご座
出生地米・ミネソタ州

クリス・プラットの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST