『美女と野獣』が『マレフィセント』や『シンデレラ』超えの全米大ヒットスタート!

 

(C)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

実写映画『美女と野獣』が3月17日に全米4210スクリーンで公開され、オープニング3日間で1億7千万ドルを稼ぎ、3月公開作品の記録を更新した。主要44の国と地域で公開され、中国:4千480万ドル(50億17600万円)、イギリス:2千280万ドル(25億5360万円)<※すべてBOX OFFICE MOJO調べ>など驚異的な数字を残している本作は、全世界興行収入では、すでに3億5千万ドルを達成。これは『マレフィセント』『シンデレラ』を超える記録的な成績で、2017年公開作品NO.1の大ヒットスタートとなっている。

アニメーション史上初めてアカデミー賞作品賞にノミネートされ、主題歌はアカデミー賞、ゴールデン・グローブ賞、グラミー賞を受賞したアニメ版は、多くの人々に愛され続けてきた名作だけに、実写化への不安を唱える声もあった。しかし、『シカゴ』『ドリーム・ガールズ』で知られるビル・コンドン監督は、アニメ版の世界観を壊すことなく、今を生きる人々の心に響く新たな名作を誕生させた。観客の感想を調査するシネマスコア社の調査結果はA判定で、観客の満足度も非常に高いことから、今後も観客数が伸びることが予想される。


映画『美女と野獣』
2017年4月21日(金) 全国ロードショー

監督:ビル・コンドン
出演:エマ・ワトソン、ダン・スティーヴンス、ルーク・エヴァンス
原題:Beauty and the Beast
全米公開:2017年3月17日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

このタグがついた記事をもっと見る

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST