黒澤清監督作品『散歩する侵略者』 ティザービジュアル公開!

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

表面/(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

『岸辺の旅』でカンヌ国際映画祭「ある視点」部門監督賞を受賞、国内外で常に注目を集める黒沢清監督が、劇作家・前川知大 率いる劇団イキウメの人気舞台「散歩する侵略者」を映画化。数日間の行方不明の後、夫が「侵略者」に乗っ取られて帰ってくる−という大胆なアイディアをもとに、サスペンス、アクション、そしてラブストーリーと、ひとつのジャンルには収まらない、重奏的な魅力を持つ本作。長澤まさみ、松田龍平、長谷川博己ほか日本映画界を代表する豪華キャストを迎え、黒沢監督が新たなエンターテイメントに挑戦する。

今回、日常が「侵略」されるー新たなエンターテイメントを象徴する<ティザービジュアル>が解禁となった。

(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

裏面/(C)2017『散歩する侵略者』製作委員会

今回解禁となったティザービジュアルでは、【絶望がやってきた。愛する人の姿で】というコピーとともに、主人公・加瀬鳴海(長澤まさみ)がうっすらと涙を浮かべ、「侵略者」に乗っ取られた夫・加瀬真治(松田龍平)が意味ありげに指を差し出し、ジャーナリスト・桜井(長谷川博己)が「何か」を見つめるーそして、第二・第三の「侵略者」である天野(高杉真宙)と立花あきら(恒松祐里)が加わり、メインキャラクター5人が集結している。

鳴海の涙が意味するものとは? 真治たち「侵略者」の目的とは? そして、事件を追う桜井が見つめる先には何が起こるのか? ―謎が謎を呼ぶ、想像をこえたサスペンスの行方がさらに気になる一枚になっている。

裏面は、散歩する鳴海と真治の背後で、爆発が起こる衝撃的なビジュアル。【人類は知らない。滅亡はそこまで来ている。】というコピーと共に、真っ青な青空と対比するかのように、静かに進む「侵略」。穏やかな日常がだんだんと“異変”に巻き込まれていく様子を描いている。

本作の見所について長澤は「作品の中で描かれているようなことが、現実の世界でも起こっているかもしれないというドキドキを、ぜひ楽しんで頂けたら嬉しいです」、松田は「侵略者」がやってくる、というシンプルでわかりやすい話なのに、いろんな視点で楽しむことができるのがこの作品の魅力」、長谷川は「一言では言えないジャンル、すごい映画になると思います」とコメント。この秋、今までの常識を覆す新たなエンターテイメントが誕生する。


『散歩する侵略者』
9月9日(土) 全国ロードショー

監督:黒沢 清 原作:前川知大「散歩する侵略者」
脚本:田中幸子 黒沢 清 出演:長澤まさみ 松田龍平 高杉真宙 恒松祐里 長谷川博己
製作:『散歩する侵略者』製作委員会
配給:松竹/日活

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

松田龍平

生年月日1983年5月9日(35歳)
星座おうし座
出生地東京都

松田龍平の関連作品一覧

長澤まさみ

生年月日1987年6月3日(31歳)
星座ふたご座
出生地静岡県

長澤まさみの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST