『トイ・ストーリー3』監督が贈る、ピクサー最新作『リメンバー・ミー』12月23日に公開決定!

映画『リメンバー・ミー』

映画『リメンバー・ミー』/(C)2017 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

ディズニー/ピクサー最新作『リメンバー・ミー』(原題:COCO)が、2017年12月23日(土)に日本公開されることが決定した!

ジョン・ラセター「思い出されるのは日本の“お盆”」

ピクサーの名作『トイ・ストーリー3』リー・アンクリッチ監督が手掛ける最新作。1年に1度だけ亡くなった家族たちと会えるという “死者の日”の祝祭を題材に、テーマパークのような死者の国を舞台に繰り広げられる、笑いと感動のミステリーアドベンチャーだ。主人公は、 音楽を禁じられた少年ミゲルと、彼が死者の国で出会うスケルトンのヘクター。そして、本作のストーリーの重要なカギを握るのが、タイトルにもなっている曲“リメンバー・ミー”だ。

今回、作品に込められた思いについてピクサー・アニメーション・スタジオのチーフ・クリエイティブオフィサーであるジョン・ラセターからコメントも到着! 本作を「特別な映画」と表現し、さらに日本の「お盆」とも深い関わりがあるテーマだと明かした。

ジョン・ラセター コメント全文

『リメンバー・ミー』は非常に特別な映画です。家族を称え、そして同時に祖先を称える作品でもあります。日本でもとても重要なことですよね。物語の舞台こそメキシコに設定されていますが、そのテーマ性は普遍的であり、どの国でも変わらないものです。そこで思い出されるのは、みんなが集まり、祖先のことを思い出す日本の「お盆」という風習のことです。

私たちは、思い出を風化させないこと、家族の次の世代、またその次の世代へと思い出を生かし続けていくことが何より大切と考えます。本作ではまさにそのことがテーマとなっています。ある少年が彼の祖先のことを知り、そしてある秘密を知ってしまいます。『リメンバー・ミー』は、あなたの家族を称え祖先を称賛する、とてもエモーショナルで、日本の皆さんにとってもとても特別な作品になると思います。

誰も見たことのない、でも誰もが行ってみたくなる死者の国で繰り広げられるピクサー史上最もエモーショナルで奇想天外なファンタジーがこの冬日本に上陸する。今後の情報も要チェックの注目作だ。


映画『リメンバー・ミー』
2017年12月23日(土) 日本公開決定!

監督: リー・アンクリッチ/製作:ダーラ・Kアンダーソン
原題:COCO 全米公開:2017年11月22日
配給:ウォルト・ディズニー・ジャパン

トイ・ストーリー3

トイ・ストーリー3

監督 リー・アンクリッチ
製作総指揮 ジョン・ラセター
脚本 マイケル・アーント  ジョン・ラセター  アンドリュー・スタントン  リー・アンクリッチ
音楽 ランディ・ニューマン
声の出演 トム・ハンクス  ティム・アレン  ジョーン・キューザック  ネット・ビーティ  ドン・リックルズ  マイケル・キートン  ウォレス・ショーン  ジョン・ラッツェンバーガー  エステル・ハリス  ジョン・モリス[声優]
概要 ディズニー/ピクサーが贈る人気ファミリー・アドベンチャー・アニメのシリーズ第3弾。すっかり成長しておもちゃを卒業したご主人アンディの手を離れ、新たな居場所を見つけたおもちゃたちを待ち受ける絶体絶命の危機と心温まる絆を描く。ウッディやバズたちのご主人アンディも高校を卒業し、大学進学のため遠い街へと引っ越すことに。ところが、ふとした手違いからアンディに捨てられてしまったと誤解したバズたちは、ウッディの説得もむなしく新たな遊び相手を求めて託児施設行きを決断する。しかしそこは、おもちゃたちにとっては悪夢のような場所だった。ひとり難を逃れていたウッディは、仲間たちの危機を知り、急いで彼らのもとへと向かうのだったが…。

 作品詳細・レビューを見る 

この記事を読んだ人におすすめの作品

アーティスト情報

ジョン・ラセター

生年月日1957年1月12日(61歳)
星座やぎ座
出生地アメリカ・カルフォルニア州ハリウッド

ジョン・ラセターの関連作品一覧

関連サイト

TSUTAYAランキング

おすすめ映画ガイド

TSUTAYA MUSIC PLAYLIST